2018. 01.15 MON

Major Migration Of Media Conglomerates - FOX, Sinclair, Disney.
FOX、シンクレア、ディズニーによる、
メディア・コングロマリットの大きなマイグレーション。 

 米メディア大手の21世紀FOX(FOX)が、米放送大手シンクレア・ブロードキャスト・グループとの間で、地方放送局10局を買収する方向で交渉しているということが1月12日、欧米メディアで一斉に報道された。条件や金額などは明らかになっていない。
この動きは、シンクレアが米同業大手トリビューン・メディアを買収する動きを助けるだけでなく、21世紀FOXの経営戦略にも肩を貸すものとしてみられている。 

 シンクレアは昨年5月に米同業大手トリビューン・メディアを40億ドル(約4440億円)で買収する意向を発表し、現在、連邦通信委員会(FCC)の審査を受けているところである。
そのFCCから承認の条件として、シンクレアは同社の資産の一部売却することを求められている。
シンクレアは、既に米国の72%を占める223放送局の所持する、米国で最大の放送局オーナーだ。

 FOXのアプローチにシンクレアが合意すれば、切り離す資産の一部をFOXが取得することになる。
FOXは昨年12月、ウォルト・ディズニーに映画やテレビなどのエンターテインメント部門を、総額661億ドル(7兆4000億円)で売却することで最終合意に至ったところ。
エンタメをそぎ落とした「新生FOX」は、スポーツや報道に注力することを掲げている。

 シンクレアが切り離す地方局には、NFLで有力なシアトルやデンバーといったパワフルな放送局が含まれており、新生FOXの経営戦略と合致する。
さらに買収に成功すれば、同社が保持する地方テレビ局の割合が全体の30%に増加する。
FOXは現在、17の市場で28のチャンネルを所有している。 

 一方、FOXが「そぎ落とす」部分は何だろうか。
FOXがディズニーに売却する資産に含まれるのは、映画スタジオとテレビコンテンツ。
20世紀フォックステレビ、FXプロダクション、フォックス21、FXネットワーク、ナショナルジオグラフィック・パートナーズ、フォックススポーツ・リージョナル・ネットワークス、フォックス・ネットワーク・グループ・インターナショナル、スター・インド、スカイ、タタスカイ、エンドメル・シャイン・グループ、そしてディズニーと共に筆頭株主になっているHULU。
HULUがディズニー傘下になることで、今後のHULUの立ち位置に疑問符が付くだけでなく、ストリーミングメディアを扱うOTT市場にも大きな波紋を広げることになるだろう。

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事