2017. 03.28 TUE

Periscope's Producer API Allows Native Integration For Easier Live Casting
ツイッター、Periscope 新APIで、他アプリやカメラからライブキャストが簡単に。

 Twitter(ツイッター)が所有するPeriscope(ペリスコープ)は昨年10月に、スマートフォンカメラだけではなく、外部カメラからTwitter上にライブキャスティングができるソフトウェアツールPeriscope Producerの提供を開始した。
Bloomberg、Dior、PBS NewsHour、WildEarthなどのパートナーから一斉にグレードアップした品質のライブキャストが始まり、現在はPeriscope Producerを使ったライブイベントの配信は、リリース当時の2倍に拡大しているという。

SXSWでは、MashableがTwitterで“The Mashable Show”をライブで実施。 
LiveUが現場で使われた。

 今回Periscopeから、このアプリを使わずにダイレクトに外部カメラなどからライブキャストが行えるAPIがリリースした。
Facebook Live APIと同様に、本APIでは、サードパーティアプリケーションがPeriscopeアカウントの認証、ストリームの設定、ブロードキャストの開始と停止、Twitterへのライブ公開が可能になる。
APIでPeriscopeとシームレスに接続できるようになったパートナーは、LiveStream(Mevo)、Switchboard Cloud、 Telestream(Wirecast)、Teradek(VidiU )の4ソリューションが揃う。
そして近々、Brandlive、Giroptic iO 360、Grabyo、LiveU Solo、Make.tv、NewTek、TelescopeやVidpressoが対応できるとしている。

 LivestreamのライブカメラMevo。 コンシューマー向けながら、4K センサー、150°視野角を持る。
Mevo.スマートフォンアプリより、パネルタッチでカット、ズーム、パンが行える優れもの。

 自社のハードウェア、ソフトウェア、カメラ、WebサービスからTwitter上でライブキャスティングができるようにするAPIを入手・開発したい場合、こちらからPeriscope API Private Betaの申し込みができる。 

 尚、対抗馬のFacebook Liveとのスペック比較をするならば、Periscopeでのライブのビットレートは800kb/s(Facebook Liveは4000 Kbps.)、解像度は推奨が960x540/30fps(1280 x 720でも可能だが低遅延を望むならば前述のスペック)(Facebook Liveは720p/30fps (1280 x 720))。

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事