2016. 09.30 SAT

Amazon, Facebook, Google, IBM and Microsoft Created AI Partnership Group
Facebook、Google、Microsoft、Amazon、IBMがAI(人工知能)団体を設立

 Facebook、Google、Google傘下のDeepMind、Microsoft、Amazon.com、IBMの6社は9月28日(現地時間)、人工知能(AI)普及を目指す非営利団体「Partnership on Artificial Intelligence to Benefit People and Society(略称:Partnership on AI)」の設立を発表した。 

 本団体の目標は「AIのアプリケーションが人と社会に有益であることを確認すること」としている。
 今後、AIが社会的に及ぼす影響や懸念、課題について、さまざまな分野の専門家から助言を受けながらガイダンスを行い、AI研究を進めるサードパーティへの財政的支援、AI発展のためのステークホルダーとの窓口になること、そしてコアAIや関連分野における開発に役立つ情報の開発などをミッションに、参加者企業や研究機関と共にAI認知に取り組んでいく。

各設立会社の代表者6名。

企業分析を得意とするCB Insightsの調べによると、この3年間でAI関連会社の過半数以上が、Google、Amazon、Apple、IBM、Yahoo、Facebook、Intelといった、AIに関心を持つ大企業に買収されている。
 Salesforceも買収に乗り出し、2016年にはSalesforceが獲得した2社を含めて、4社が買収された。
 AppleはPartnership on AIの初期加盟団体になっていないが、米国報道によると、Appleも本プロジェクトに関して強い関心を示しているという。

 Editor : 山下香欧

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事