2016. 5.17 TUE

Homer Simpson To Appear Live
FOX、『ザ・シンプソンズ』でアニメ番組初の生放送を実現。
視聴者の電話質問にその場で返答。

 1989年から放映されている長寿アニメ番組ザ・シンプソンズでアニメ初の生放送が実現した。
5月15日放送のシーズン27の21話“Simprovised(題名)”では、ストーリーが終わった後、視聴者からの電話による質疑応答にこたえるというコーナーに切り替わり、3分間の生放送が実施された。

 モーションキャプチャシステムを使い、実際の人間による動きをリアルタイムでCGキャラクターに反映させて遠隔地域にストリーミングするようなリアルタイムグラフィックソリューションは珍しくないが、今回のように、ライブショー的な視聴者との電話をスタジオと直で繋いで話す場を、アニメ番組で行うのは初めてだろう。

オーガニックモーションによる一例

生放送は米国地域の放送によって2回実施され、たとえば東地域では、“大統領候補のどちらを支持するか?”という電話の質問より、シンプソンズ家族の父親ホーマー(声:ダン・カステラネタ)はドナルド・トランプについて話し、バーニー・サンダーを支持すると答えている。

Adobeのブログ によると、今回のアニメ生放送ではダン・カステラネタによる生演技をAdobe Character Animator(NABで発表された次世代バージョン)を使ってリップシンクを行い、事前に仕込んだアニメーション設定に宛てているという。

NABでのAdobeによる2Dアニメのライブデモ 

 ザ・シンプソンズは、アメリカで長期間放映されているコメディジャンルのアニメ番組。今回の“Simprovised(題名)”は初回からは595話目となる。
シンプソンズ一家を通して、アメリカの一般的な中産階級の家庭事情や文化、社会状況を風刺的にとらえており、大人向けの番組として位置づけられる。
エピソードの中では多くの実在する有名人がゲスト出演している。
宮崎駿氏による長編アニメ映画制作からの引退声明後、シーズン25の第10話 "Married to the Blob”では、宮崎氏が監督として手掛けた映画11作品をランニングさせ、賛辞として表現した。

今回のアニメ生放送について、ABCニュースが取り上げた。 

 Editor : 山下香欧

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事