FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

NexTV-F, Released Technical Guidelines First Edition For 4K / 8K Practical Broadcasting Operation

12月28日

 

NexTV-F、4K/8K実用放送運用に向けた技術ガイドライン初版を公表。

 

 

次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)の技術委員会は25日、BS/110度CS衛星を用いた4K/8K実用放送に向けて、機器開発等のガイドラインとなる「高度広帯域衛星デジタル放送運用規定 1.0版」を公表した。

 

4K/8K実用放送に関して、総務省が発表している制度整備のスケジュールによれば、2016年にBSで最大3チャンネルの4K試験放送と1チャンネルの8K試験放送を、NHKおよびNHK以外の基幹放送事業者の2者で開始する。2017年には110度CS左旋を用いて4K試験放送を開始し、2018年にはBS右旋と110度CS左旋において4K実用放送を、BS左旋において4K/8K実用放送を開始する計画で着々と準備が進められている。

 

 

今回NexTV-Fが公表した運用規定初版では、このBS/110度CS衛星を用いた4K/8K実用放送の開始に向けて、放送事業者の送出運用規定や放送を視聴するための受信機の望ましい仕様などをBSおよびCSに分けて定めており、運用での多重化方式はMMT/TLVとして規定している。 HDR(ハイフレームレート)、放送事業者に関連する識別番号、共用受信機関連、CaPPV(Call ahead Pay Per View)とその運用関連については、今後さらに詳細を改訂版で更新していく。HDRの技術要件については、2016年4月をめどに取りまとめる予定。

 

 

3月当時のNetxTV-FによるBS/CS110 8K/4K放送技術仕様。
映像フォーマット仕様にHDRが加わる。

 

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP