FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

‘Star Wars’Opens On B.O. Record $120.5 M By Friday

12月21日

 

スターウォーズ新作、米の初日興行収入が歴代最高。
ワールドワイドのオープニング週売上も5.17億のスマッシュ記録。

 

 

「スターウォーズ」シリーズの10年ぶりの新作「スターウォーズ/フォースの覚醒」の米国初日興行収入が5700万ドル(69億円)と、歴代最高となったことが明らかになった。

 

本作はウォルト・ディズニー・スタジオ(WDS)が3年前にルーカスフィルムを40億ドルで買収して以来、初めてディズニーブランドで送り出すエピソードである。

 

ブルームバーグによると、18日までの2日間の北米興行収入は、昼間公開分が拍車をかけて1億2050万ドル(日本円で124億円)までに上った。「これほどにも早く1億ドル超えをした作品は、本作が初めて。」と、ウォルト・ディズニー側は19日にeメールでの声明文で語っている。北米では17日にプレビュー日として夜時間から公開が始まり、当日が5700万ドル、そして18日、19日の成績はシングルで5800万~6000万ドルを記録した。WDSは、昨年公開の「ジュラシックワールド」がオープニング週末で記録した2.08億ドルを超えた、2.2億ドル以上になる期待を寄せているという。(実際、20日発の情報では、北米での記録は2.38億ドルとなった。)

 

スペイン、日本でも現地時間18日から公開が始まり、現在、英国(2400万ドル)からフランス(1100万ドル)、オーストラリア、ブラジルなど、20カ国でも初日の興行収入の記録を塗り替えたという。日本では公開初日は6時30分から始まったのにも関わらず、朝9時から公開して記録した「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007年公開)」を破り、4.2億円を記録した。ニューヨークタイムズが20日に報道したところによると、ワールドワイドでマルチ最高記録となり、オープニング週の興行収入は約5億1700万ドルに上った。(ジュラシックワールドによるワールドワイドでのオープニング週末記録は3.16億ドル)

 

ウォルト・ディズニーによると、今回の売り上げの47%は3Dスクリーン上映分からきているという。また鑑賞者の割合としては全体の58%が男性、そして63%が26歳以上になっている。 

 

■ ボックスオフィス(Mojo)による記録:(上段が本作)
・木曜日プレビュー:5700万ドル *
 過去の記録:4350万ドル(ハリー・ポッターと死の秘宝パート2)
・金曜オープニング日、一日:1億2050万ドル(推定)
 過去の記録:9100万ドル(ハリー・ポッターと死の秘宝パート2)
・12月でのシングル1日での記録:1億2050万ドル(推定)
 過去の記録:3713万ドル(ホビット:予期しないジャーニー)
・オープニング月での公開劇場数:4134劇場
 過去の記録:4045劇場(ホビット:予期しないジャーニー)
・12月オープニング週末:1億2050万ドル(現在更新中)
 過去の記録: 8462万ドル(ホビット:予期しないジャーニー)
・1億売上:1日
 過去の記録:2日(ジュラシック・ワールド)

*木曜日に関しては、ハリー・ポッターと死の秘宝はミッドナイトスクリーンのみで、スターウォーズは午後7時から上映開始。またマラソンチケットの販売($59.99)の売上も含まれる。

 

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP