FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Star Wars: The Force Awakens' Advance Ticket Sales $100M, TV Spend at $66 M

12月18日

 

ディズニー、「スター・ウォーズ」に巨額なブランドプロモーションを投入。
前売り券で122億円超の売上を記録。

 

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ(WDS)では、今週金曜日にワールドワイドで一斉公開をする「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(SW)」のCM戦略に6600万ドル以上(日本円にして79.95億円)を費やしていることが米国CM調査会社の統計より明らかになった。

 

この「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は、ディズニーが3年前にルーカスフィルムを40億ドルで買収して以来、初めてディズニーブランドで送り出すSWエピソードである。スーパーに行ってもシリアルのボックスから飲料水、ガムのパッケージまで、SWという文字を見ない日はないくらい、どこもかしこもSWで溢れている。販促の猛攻撃のようにも見受けられるが、この誇大広告を確実なものにするために、実際はWDSのマーケティングチームによって慎重に画策され、上映週を最高のピークに達するように仕向けているという。

 

 

これまで3回のトレーラーが投入されたが、場数を踏むごとにビューワー数が増加するという現象が見られた。最初のトレーラーは劇場とiTunesで解禁され、その後24時間で5500万ビューを得ただけでなく、現在までに1億5000万回も再生されている。そして2回目のトレーラーは、ファンイベント中にライブストリーミングで行われ、その後24時間中に8800万回も再生され、現在までには2億回以上も再生されている。3回目のトレーラーは10月5日にESPNで放送されたMonday Night Footballのハーフタイムの15分中に流され、この時間だけ急に視聴率が二桁に上昇した。この時はテレビとオンライン合わせて1億2800万件の視聴があったという。この3回目のトレーラーの後、ファンタンゴといったチケット販売サイトではアクセスに追いつかないパンク状態となった。IMAXの発表によれば、米国内でチケット販売解禁初日に売り上げた数字は今までのトップ1億ドルをはるかに上回る6億5000万ドルを記録した(米国内で392スクリーン、ワールドワイドで668か所の劇場で上映される)。AMCではすでに1000回上映分のチケットが完売状態だ。 MovieTickers.comによると、「アベンジャーズ」や「ジュラシックワールド」といった、最近の新作でのヒット作品の前売り券の売り上げの倍以上が販売されたという。 

 

 

iSpot.tv の統計によると、スタジオは44の放送局とケーブルネットワークへのプロモーションに2230万ドルを費やしている。 CMスポットが破格な値段で知られるNFLでのCM投入には、全体の25%にもなる535万ドルを費やし、NFLでのCMを含めて全部のCMの42%がプライムタイム中に投入されている。公式パートナーによるタイアップCMの費用は4700万ドルで、ABC、ESPN、ABC Family、ディズニーチャンネル、ディズニーXDで流れた。これらを合わせるとSWのテレビCM費用は6630万ドルという。

 

更に同ブランドのマーチャンダイジングスポット(アクションフィギュア、ゲームなど)の第2のサブセットは、テレビのエコシステムに5140万ドルを注ぎ込んだ。SW公式ブランドは、レゴをはじめ、ウォルマート、ハスブロ、ホットウィール、プレイステーション、GameStopの、エレクトロニック・アーツ、ケイ・ジュエリー、コールズ(Khol’s)とバーリントン・コート・ファクトリーが並ぶ。

 

そのあともユニークなプロモーションが各国で展開される。 WDSはソーシャルメディアも大いに活用している。 8月からはインスタグラムで今までの作品のトリビアやお宝写真などを公開し、フェイスブックでは9月に360度ビデオを公開した。

 

WDSは第二位の映画市場である中国にて、テンセント・ホールディングスと提携してSWシリーズの過去の作品すべてをストリーミング配信している。また10月には、500ストームトルーパーのフィギュアを中国の万里の長城に並べるというイベントを行った。

 

マーチャンダイズは通常、プレミア上映の8週間前までは発売できないのだが、今回は異例で15週間前から玩具の販売が許された。またWDSの公式パートナーは、CoverGirl、Max Factor、Duracell、Fiat Chrysler Automobiles、General Mills、 HP、Subway と Verizonの7社である。

 

業界ニュースHollywood Reporterが15日に報じたところによると、北米の前売り券の売上は今週月曜日(14日)からのオープニング週のチケットを含めて、1億ドル(日本円にして122.4億円)を達成したという。これは2012年に2500万ドルという当時の最高額を残した「ダークナイト ライジング(原題: The Dark Knight Rises)」の4倍の額になる。

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP