FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Sony's First Ultra BD Titles Revealed

11月13日

 

米ソニーピクチャーズ、4K Ultra HD Blue-rayソフトの第一弾目を発表。2016年初めにリリース。
アメイジング・スパイダーマン2、チャッピーなど

 

 

米ソニーピクチャーズホームエンターテインメント(SPHE)は現地時間11月10日に、次世代BD「Ultra HD Blu-ray(Ultra BD)」の対応ソフトを2016年初頭に発売することを発表した。リリース第一弾は「アメイジング・スパイダーマン2」、「ソルト」、「ハンコック」、「チャッピー」、「Pineapple Express」(邦題スモーキング・ハイ)、「スマーフ2」の6作品が予定されている。 SPHEの次世代BD対応ソフトのリリースは、ハリウッド業界で21世紀Foxに次いで2番目。Foxからは「キングスマン:シークレットサービス」、「X-MEN: フューチャー&パスト」を、「エクソダス:神と王」、「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」と「ファンタスティック・フォー」が予定されている。

 

新しいUltra BD用パッケージはデジタル・エンターテイメント・グループ(DEG)のメンバーが共同でデザイン・開発したもの。メンバーには、アンカーベイエンターテイメント、HBOホームエンターテイメント、ライオンズゲート、パラマウントホームメディア配信、SPHE、20世紀Foxホームエンターテイメント、ユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテイメント、ワーナーブラザーズホームエンターテイメントが揃う。メタリックシルバーのテキストとロゴを揃え、ブラック調のパッケージでエリート感を装う。

 

SPHEの発表文によると、2019年までに一億台を超える4K UHD TVが一般家庭で所有されるという推計が出ているという。Ultra BDを再生できるプレイヤーには、パナソニック社から再生対応プレミアムディーガ「DMR-UBZ1」が本日11月13日に国内で発売開始となった。

 

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP