FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Samsung And Fox Unveil First Ultra HD Blu-ray Support Player And Movie Title

9月7日

 

サムスンとFOX、IFAにてUltra Blu-ray対応プレイヤーとソフトウェアタイトルを発表。
コンシューマー向け4K UHDに纏わる様々な技術協働も

 

 

サムスンは世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA2015」の事前発表会にて、Ultra Blu-ray対応プレイヤー「UBD-K8500」を発表した。 

 

記者会見のステージには、20世紀FOXホームエンターテインメント(FOX)の代表マイク・ダン氏とハンノ・ベッセCTO がゲストで登壇した。FOXがスタジオ内に新設したFOXイノベーションラボでは、スタジオ初の技術パートナーとしてサムスンと提携している。そのFOXからサムスンのUltra BDプレイヤーの発表に合わせ、Ultra Blu-rayディスク(Ultra BD)用ソフトウェアタイトルを明らかにした。第一弾として発売されるUltra BDタイトルは、国内では9月11日から全国ロードショーが始まる「キングスマン」。 Ultra Blu-ray規格になるハイダイナミックレンジ(HDR)の4K解像度である。 

 

関連して、新作BDタイトルの発売と同時に4K UHD版も一緒に発売されることも語られた。FOXが次期リリースとして準備をしているのは、「X-MEN:フューチャー&パスト」、「エクソダス:神と王」、「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」、「ファンタスティック・フォー」と「メイズランナー」で、これらもHDR対応でマスター版が制作されている。 

 

発表会ステージのスクリーンには「キングスマン」のパッケージが映し出された。

 

 

会場ブースでは、試作機が一般初公開。
SUHD TVに再生されているHDR対応4Kコンテンツは「エクソダス」など

 

UBD-K8500はUltra BD規格に含まれるHDR対応の4K UHDコンテンツを毎秒60フレーム(60fps)にて再生できるだけでなく、従来のBDもUHD品質にアップスケーリングして再生する機能を持つ。またメディア再生に加えて4Kストリーミング再生も可能になるという。同社のSUHD TVと同様に、市場先駆けてHDMI 2.0a 対応ポートが搭載され、サムスン独自のMultiroom Link対応、デュアルバンドWiFi (2.4GHz/5GHz)や、サムスンのスマートハブやブラウザ機能が予定されている。正式発売は、欧米・北米共に来年2016年の初期を予定する。価格については現在までに開示されていないが、4:4:4クロマサンプリングまで扱えるHEVCデコードチップを実装した高機能なデバイスとなると、従来のBDプレイヤーの3倍程度の500ドル前後になる見込み。 

 

ブルーレイディスクアソシエーション(BDA)で規格されたUltra BDの形式では、片面2層は66GBで転送ビットレートは最大108Mbps、片面3層は100GBでビットレートは最大128Mbpsまで可能となっている。UBD-K8500が対応できるUltra BDメディアはまだ定かではない。

 

 

ベッソ氏はCES開催時に結成発表がなされたUHDアライアンスで代表も務める。ステージでは、CES以来UHDアライアンスの会員数が3倍になったこと、そしてサムスン社は連盟の中でも船頭を切って技術仕様書の策定を進めていると話した。仕様書に加え認定方法やロゴについても完成間近で、「この数か月以内にライセンスプログラムから可能になる新製品について発表できるだろう」と加えた。

 

 

サムスンとFOXは現在、FOXイノベーションラボを通じて、コンシューマー向けのコンテンツ体験をマルチデバイスに広げることを目的に、デジタルブリッジの促進に注力をしている。 先立ってサムスンのSUHD TV向けにUHDコンテンツを同梱した500GBのハードディスクパッケージでデジタルブリッジ機能を搭載させたい意向を見せる。平行して両社はSecure Content Storage Association (SCSA)のプラットフォームの実装も進めている。 SCSAでは、デバイス間でコンテンツをセキュアに転送させる技術を開発しており、8月には4K UHDコンテンツをセキュアに移動できるVidity技術を発表した。このVidity規格をもったストレージデバイスにVidity認証の4K 映画作品などをダウンロードすれば、所有しているデバイス間で自由に移動し再生できる。DECE(Digital Entertainment Content Ecosystem)が策定したデジタル配信方式UltraVioletとは相補的な存在になるという。SCSAは2012年にFOXをはじめワーナーブラザーズホームエンターテイメント、サンディスク社、ウェスタンデジタルとCRIによって設立した組織団体で、現在はサムスンを含めて50企業以上がSCSAに加入している。

 

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP