FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

NHK Showcases 8K HDR LCD & HLG At IBC2015

9月4日

 

NHK、HDR対応8K大型LEDをIBCで初公開。
BBC共同開発のHDR対応SDハイブリッドHLGも。

 

 

NHKはハイダイナミックレンジ(HDR)対応の85型の8K液晶ディスプレイを開発、オランダ・アムステルダムで開催されるIBC2015にて参考展示する。(ホール8、ブース番号:8.G03)

 

今回、世界初とも言えるHDR対応の8Kディスプレイは、NHKが従来に引き続きシャープと共同で開発しているもの。スクリーンのサイズは190 cm x 105 cm。解像度は7,680×4,320ドット、フレーム周波数は60Hz(表示120Hz)。階調はRGB各色12bit相当で輝度は1,000cd/m2以上、コントラスト比は10万:1以上。現在のBT.2020色域に対する包含率は77%である。 

 

写真上:従来映像、写真下HDRの映像

NHKではHDRを、「テレビが表現できる映像の明暗の幅を拡大する技術」と説明する。昼間のサッカー中継で見えにくくなる日陰・ひなたの明暗差の大きいシーンや、ガラスや金属に反射した光による明るい場面などをより忠実に再現することができる。

 

 

NHKは英BBCと連携して従来のテレビジョン方式と互換性のあるHDR方式を技術開発している。IBC会場では、EBUのブースにてNHKとBBCが、ライブHDR映像を従来のHD SDRディスプレイとHDR対応ディスプレイで再現する技術出展を行う。これには2社が共同で技術設計を行っているHybrid Log Gamma (HLG)システムを用いている。ライブプロダクション側や従来のHDディスプレイに再現する際に、オリジナルソースからのメタデータを利用しない方法で、端末の条件に合わせて表示させられる。異なる輝度の画面間や異なるメーカーの相互運用性を可能にすることで、将来のHDRを取り込んだ放送環境に適すると注目されているHDR技術の1つである。

 

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP