FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

GoPro Cineform Becomes SMPTE Standard ST 2073 VC-5

6月29日

 

GoPro CineForm、SMPTEでVC-5標準コーデックとして認定。

GoPro Studioの開発は終止。

 

 

クロスプラットフォームの中間コーデックGoPro CineFormがオープンコーデックとしてSMPTEで標準化された。SMPTE ST2073 VC-5ビデオ圧縮(VC-5)として、ビデオ撮影やポストプロダクション向けのオープンコーデックとなる。 オープンスタンダードとなったことで、これから他社カメラメーカーやソフトウェア開発メーカーで実装されて、相互間の適応やアクセスが広がることが期待できる。

 

CineForm中間コーデックは2002年、HD以上の解像度のメディアを使用する映画やテレビ番組制作環境向けの圧縮DIワークフローで活用するために設計されたもの。 2011年に、GoProが当時旬だった3D映像制作において3D HEROシステムでCineForm 444コーデックを取り入れることを目的にCineForm社買収した。 

 

CineFormコーデックは高品質の圧縮形式として従来から映像ポストプロダクションで広く評価されており、現行の Adobe After Effects CC、Adobe Premiere Pro CC、Adobe Media Encoder CCでもネイティブサポートされている。圧縮率と品質とも高いクロスプラットフォーム用メザニンファイルが生成できるため、Windowsプラットフォーム環境を持つハイエンドプロダクションのワークフローやアーカイビングに活用されている。ハリウッド映画プロダクションでは「スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)」や「ニード・フォー・スピード(Need for Speed)」の制作の現場で活用されたという。

 

 

 

Adobe Media EncoderでのGoPro CineFormコーデック出力設定

 

Cineform RAWでは、オリジナルのRAWが持つホワイトバランス、ISO、露出といった設定データを保ったまま、イメージクオリティを損なうことなくJPEG 2000に似た高速ウェーブレットアルゴリズムベースの圧縮技術で高圧縮できる。またカラーグレーディング値やLUTをメタデータとして持たせることができる利点がある。

 

 

SMPTEで標準化されたVC-5は、10-bit 4:2:2 YUV、12-bit 4:4:4 RGB/RGBAと12-bitベイヤーRAWのカラー深度に対応。圧縮率は10:1から3.5:1程度。また非圧縮モード(RAWファイル)も可能。Part1/2(エレメンタリビットストリーム)についてのドキュメントはSMPTEのWebサイトから入手できるようになっている。

3DやHDR向けのカラーフォーマット、マルチチャンネル、メタデータ拡張が含まれるPart3から7については順次開発が行われていく。

 

■Part1
http://standards.smpte.org/content/978-1-61482-797-9/st-2073-1-2014/SEC1.body.pdf+html

■Part2
http://standards.smpte.org/content/978-1-61482-798-6/rp-2073-2-2014/SEC1.body.pdf+html

 

GoProは、SMPTEで標準化となっても引き続きコーデック自身を支援していくとしているが、編集ソフトウェアGoPro StudioのPremiumとProfessional版の販売は6月1日で終了しており、購入したユーザーへのサポートは年内一杯までとなっている(最終バージョンは2.0.1)。そして両製品の開発も終止符が打たれた。GoPro Studioの無償版は提供中。

 

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP