FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

YouTube Supports 8K Video Play Over DASH

6月10日

 

YouTube、4320p/8Kビデオに対応

 

 
 

 

YouTubeで4320p/8Kの解像度を持つビデオクリップが公開できるようになった。

第一弾は6月7日に公開の「Ghost Town in 8K」(7680×4320@24p)。

 

 

YouTubeでは2010年から8K解像度のビデオに対応できる環境はあったとしているが、画質選択で4320p/8Kのラベルがつけられるようになったのは、この数日内である。

 

 

また映像制作側や視聴者側の環境については別の話だ。現在、8K再生に対応できるのはGoogle Chromeブラウザのみ。HTML5の恩恵でMPEG-DASHアダプティブストリーミングとなっている。YouTubeは3月に、HTML5の対応および4Kp60の再生ができるようになったばかり。しかしハイフレームレートの4Kビデオ再生でさえも厳しい一般利用者の視聴環境では、8Kビデオの再生は皆無といったところだ。

 

「Ghost Town in 8K」はRED EPIC DRAGON 6Kでカメラポジションをポートレートとして(横向きに)撮影し、映像クリップをAdobe After Effectsでスケールアップしたり、またはクリップ同士をつなぎ合わせる編集を施して7.6Kサイズの作品として仕上げている。

「Ghost Town in 8K」と同じ制作者が3年前に4Kビデオに挑戦した際のチュートリアル。
「Ghost Town in 8K」制作も同様の方法で行ったという。近々、8Kでの編集技がYouTubeで公開される予定。

 

 

マスターは8K解像度を持つ作品。YouTubeへは4K解像度にダウンコンバートしてアップロードしている。
撮影カメラはニコンD800。YouTubeが8Kに対応したことで、こういった作品も改めて8Kで登場するかもしれない。

 

 

Pronews寄稿記事

参考記事→YoutTube、4K60p対応に向けてテストクリップを公開

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP