FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Spain University Tests 4K HFR In DVB-T2

And SHVC For Advanced HD-4K MultiScreens

5月31日

 

バレンシア工科大学、DVB-T2でUHD-1 Phase2、4K /100fps配信実験。 

SHVCによるHD/4K配信併存を実証 。 

 

 
 

 

スペインのバレンシア工科大学のリサーチャーズ・モバイル·コミュニケーションズ·グループ(MCG)iTEAM研究所は、地上デジタルテレビジョン放送規格DVB-T2による4Kハイフレームレート伝送を行った。 現行のUHD-1 Phase 1では50フレーム/秒だが、今回は2017年に実装予定のUHD-1 Phase 2に含まれる最大100フレーム/秒で実施。

 

さらに低ビットレートで4K解像度に拡張可能なHEVCスケーラブル拡張(SHVC) 符号化技術を用いてテレビディスプレイでは100fps、タブレットデバイスでは50fpsで再現した。 

 

 

 

シングルストリームで同時に処理能力の低いタブレットやスマートフォンといったモバイルデバイスで再生できる下位互換性があることで、限られた帯域の中でも複数の解像度、フレームレートの映像配信を併存できるサービスの実用性を証明した。 今回の技術実証は、帯域を効果的に利用しサイマルキャストを回避できる、超高精細マルチスクリーンサービスへの最適なソリューションになるとiTEAMは説明している。

 

 

 

iTEAM発表文

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP