FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

YouTube Rolled Out 60FPS Video With HTML5 Base

5月26日

 

YouTube、HTML5プレイヤーでライブストリーミング60fpsを実現。

オンラインゲームで活躍 

 

 
 

 

YouTubeは昨年10月末からユーザーが60fpsのHFR(ハイフレームレート)のビデオをアップロードできるようにアップグレードを施していたが、今回はライブストリーミングで対応できるようになった。ただし今回のオプション機能は“初期段階”として、HTML5のプレイヤーのみで対応するとしており、Google Chrome、IE、Firefox、SafariやOperaといったHTML5互換のブラウザが必要になる。YouTubeは今年1月にFlashからHTML5に切り替えることを公言していた。

 

プレイヤーはHTML5の恩恵で、1.5倍速、2倍速といった可変再生機能も可能となっている(逆方向も可能)。
次のプレイリストにクリック1つで移動できるボタンもついている.

 

これら機能を実現させるためにYouTubeはスポーツオンラインゲームを得意とするElgatoやXSplitとタイアップして開発を進めてきたという。ちなみにライブストリーミングは現在、自動的に720p60/1080p60にエンコードされて端末で再生されるが、今後はHFRに対応できない視聴デバイス向けに30fpsにも対応していくとしている。また60fpsでライブストリーミングを公開したい開発者向けに、新しいハイフレームレートフラグを追加する方法をライブストリーミングAPIで公開している。

 

Pronews寄稿記事

関連記事→ YoutTube、4K60p対応に向けてテストクリップを公開

 

 

 

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP