FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Sony Kicked Off Online TV Service Vue, Apple Plans to Catch Up

3月21日

 

ソニーの定額型ストリーミングTVサービスVueが開始

Appleも定額ストリーミングTV計画+次世代Apple TVを進行中

 

 
 

米ソニーは3月18日から、ストリーミングTVサービスVueを開始した。 VueはPlaySationから受けられる定額型のオンラインTVサービスで、開始当初はニューヨーク、シカゴ、フィラデルフィアの三か所のみで展開している。 金額は月に49.99~69.99ドル。

 

ソニーはCBSをはじめ、Fox、NBC、Discovery、Scripps、Turner 、ViacomそしてAMCとコンテンツ契約をし、85以上のライブチャンネルを提供できるようにした。 49.99ドルのエントリーパッケージでも、50チャンネルが観られる。 チャンネル数やサービスの金額から視ても、Vueは衛星放送事業者Dishが始めたばかりのSling TVのような、有料テレビのオンライン版といった位置づけになろう。

 

 

ケーブルや衛星の有料テレビとさほど変わらず、コードカッターと言われるほどにはならない。 しかし、従来の有料TVプロバイダーよりも有利な点としては、月ベースの契約であるため、長期間の契約や途中解約でのペナルティといったものに縛られず、またクラウドDVRが無償で利用できる上、1ライセンスで3台までのPlayStationで視聴できるとしている。 

 

 

ただインターネット回線を用意する必要があり、そうするとケーブルTVサービスかテレコムサービスと、インターネット回線だけでも別途契約をしておくという手間がかかる。 Vueサービスでは最低3-5mbsの回線スピードが必要で、マルチストリーミングにおいては25mbps程度の確保が必要という。 マルチデバイス対応については、今後iPadでも視聴できるようになる予定。

 

BI Intelligenceによると、オンラインTVのストリーミングデバイスとしては、ゲームコンソール機が過半数を占める。

 

またAppleでも、オンラインTVサービスに参入する計画を進めていると海外メディアが報じている。 米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、Appleは今秋にはサービスを開始する計画。

Appleの新サービスもDishのSling TVと同じサービス形態になる模様。 ケーブルや衛星テレビサービスを通さずに個別に月ベースに加入する形式になり、25チャンネルを月25ドル~30ドルで提供するという。

同社は現在、ウォルト・ディズニーやCBS、21世紀Foxなどのメディア大手とコンテンツライセンスについて話し合いを持っているという。

 

さらにBuzzfeedでは、オンラインTVサービスに先立ち、次世代のApple TVセットトップボックスが6月のWorld Wide Developers Conferenceで発表される可能性を伝えている。新しいデザイン、プロセッサにストレージの拡大などが期待できるという。

 

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP