FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Korean CATV To Upgrade Its UHD Content With HDR

3月13日

 

韓国ケーブル業界、HDRコンテンツでアップグレードする「ネクスト4K」を初公開

TV画質競争でも韓国が主導するアピール。 また4月からUHD放送が24時間体制にも

 

 
 

韓国ケーブルTV放送協会は、ケーブルTV発足20周年を祝った「행복나눔 방송축제(幸せ分かち合い放送祭り)」を3月12日に東大門デザインプラザで開幕し、さまざまな新技術が適用された放送やIoTベースのスマートホームサービスなどを披露している。

 

会場では目玉として、“目で見ることができる実際の色味をほぼ表現できる”という、次世代のUHD放送技術「Next 4K」を初公開した。

 

UHDチャンネル「UMAX(ユーマックス)」を運営するホームチョイスは、サムスン電子と共同でHDR(ハイダイナミックレンジ)技術を適用したNext 4Kコンテンツ「都市再発見、ソフトシティ」を制作し、サムスンの量子ドット4K TV「SUHD TV」を介して披露した。

 

記念祭開幕直前まで、制作側(ユーマックス)と表示側のメーカー(サムスン)による細かな画質調整により、今回の一般展示の実現に至ったという。ユーマックスは昨年開局した世界初の商用UHDチャンネル。Next 4Kのコンテンツを確保し、TV画質競争に関しても韓国が主導していく意思を強調する。

 

Next 4K、つまりHDRを取り入れたコンテンツは、21世紀フォックスが映画作品「ライフ・オブ・パイ」を試験の形で制作されたことはあるが、これまで放送用には存在していなかった。 この秋に日本に上陸するNetflixでは、年内に「マルコポーロ」などの番組をHDRに対応させて提供していくと公言している。 

 

「都市再発見、ソフトシティ」は、4Kカメラで収録され放送用4Kコンテンツとして昨年末に制作されていたが、ユーマックス側でHDRのより広い色の範囲を再現できるように再編集が施されていた。既存の4Kと比較すると解像度(3840×2160)は同じであるが、コントラスト表現を8から14段階に増やし、色領域を30%広げたという。既に使用されているSDR(スタンダードダイナミックレンジ)では色の明るさと暗さを256階調で表現するが、HDRが適用されると色範囲が1万6000まで広がる。

 

ケーブル業界は昨年4月、世界に先駆けて商用UHD放送サービスを開始している。今後Next 4Kの番組を制作し、コンテンツの品質を世界最高水準に引き上げる。

 

ヤンフィブ韓国ケーブルTV放送協会長は記者会見で「UHDを次の(Next)4Kにアップグレードして、世界最高水準の高解像度コンテンツの品質を維持する」と語った。またリアルタイム放送だけでなく、ビデオオンデマンド(VOD)サービスでもUHDコンテンツを大幅に増やしていく予定だという。

 

 

さらにユーマックスは、4月10日から現在の20時間放送から24時間体制に延長することを明らかにした。UHDコンテンツ自主制作比率を高め、関連するコンテンツを年末までに1,000時間分確保するという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pronews寄稿記事

KCTAプレスリリース

 

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP