FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

17 Essential Patent Holders of UHDTV Standards To Consider The Patent Pool License

3月4日

 

UHDTV放送規格の必須特許権者17社、特許プールライセンスの検討へ

 

 
 

パテント(特許)プールライセンスを管理するアルダージ株式会社から、UHDTV(4K/8K)放送の規格にかかる必須特許権者が発表された。 中立的機関である 日本知的財産仲裁センターによる必須判定で認定を受けたのは以下の17社。

 

LG Electronics Inc.、Orange SA、KDDI 株式会社、 The Trustees of Columbia University in the City of New York、三洋電機株式会社、 株式会社 JVC ケンウッド、シャープ株式会社、ソニー株式会社、株式会社東芝、 Thomson Licensing、日本電気株式会社、日本電信電話株式会社(NTT)、 日本放送協会(NHK)、パナソニック株式会社、日立マクセル株式会社、富士通株式会社、 三菱電機株式会社

(五十音順)

 

アルダージでは昨年の8月から、一般社団法人電波産業会が策定する標準規格に規定された機能および効用の実現に必須と思われる日本特許を保有している企業を対象にUHDTV放送の標準規格に関する必須特許の募集を行っていた。 複数の特許権者が所有する必須特許を一括で公平にかつ合理的な条件でライセンスする仕組みを作ることにより、UHDTV放送の普及促進を目指すとしている。 

 

同社は今回の日本知的財産仲裁センターからの結果を受け、17社における特許プールライセンスの検討を開始した。 またUHDTV デジタルテレビジ ョン放送規格に必須と判定された特許を順次に特許プールライセンスに追加する予定である。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
BACK TO TOP