FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Deluxe Takes Over Sony's Colorworks 4K Post House

2月14日

 

ソニーピクチャーズ、4KポストプロのColorworksを閉鎖、Deluxeへ譲渡。

 

 

ソニーピクチャーズ・エンターテインメント(SPE)は、4K DIやマスタリング、 復元作業を行うポストプロダクションColorworksを2月1日付けで閉鎖し、 MacAndrews&フォーブスホールディングス傘下のポストプロダクショングループ Deluxe Entertainment Services Group (Deluxe) へ数百万ドルで譲渡する。  カリフォルニア・カルヴァーシティのSPE内にあるColorworksの施設および名前は残され、 ポストハウスのEncore やLevel 3が既に傘下となっているDeluxeのネットワークに融合する。

 

SPEのスポークスマンによれば、今回の動きはSPEのハッキング事件の影響からではないという。

 

Colorworksは2月1日に正式に閉鎖、 69名のスタッフは同日の朝に告知された。Deluxe側はColorworksの資産を精査しており、 Colorworks側のスタッフの移動についての話し合いも行われている最中だという。

 

発表によるとDeluxeはColorworksの経営および運用をソニーに代わって行うことで、 Deluxeが買収する行動に出たわけではない。 SPEがColorworksの芳しくない業績に伴い閉鎖する決断をし、 Deluxeが資産のいくつかを買い取るとみられる。 現状は閉鎖といってもDeluxeがそのまま施設管理と運営を引き継いでいる。 

 

SPE施設内のロット“ステージ6”がColorworksだ。  本ポストハウスは2009年に設立、映画やテレビの両方のデジタル4Kワークフローを開拓してきた。  施した4Kリマスターには、人気を博した“ブレイキング・バッド”がある。  Deluxeは21世紀FOXとユニバーサルの施設内でもポストプロダクションを運営している。  今回SPE内にもアクセスできるようになり、サウンドミキシングとカラーグレーディング作業が 近場で行える環境を好む映画製作者に利便性を提供できる。  対して競合相手のテクニカラーは、パラマウント施設内で運営している。

 

 

 

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP