FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Panasonic Unveils World's First 4K Blu-ray Player At CES 2015

1月15日

 

パナソニック、次世代BD対応プレーヤー試作機を公開。

4K+HDR、BT.2020対応へ。

 

©Panasonic
 

 

パナソニックでの4K対応製品の1つとして、次世代ブルーレイディスク(ULTRA HD BLU-RAY)を再生できるプレーヤーの試作機を初公開した。 次世代BDの規格で採用される予定の4K、High Dynamic Range(HDR)などの最新技術に対応したBD再生技術を同社が世界で初めて開発したという。

 

インターフェイスにHDMI2.0を搭載。
次世代BD規格も決まっていない現在、今回お披露目された
試作機も製品名がまだない。

 

今回の試作機では、3層100GBのBD-Rに記録した4K映像(4Kp60/10ビット)を再生。コーデックにHEVC方式を利用することで、このBD-Rに4Kデータを記録できるようにした。 さらに従来のBDが対応できるビットレート40Mbpsを大幅に超える100Mbpsまで対応でき、4Kp60にHDR+BT2020による究極な映像クオリティを再現するという。

 

 

 

HDR機能についてのデモはシミュレーションで、HDRのメタデータを処理できる機能を持っている同社の新しい4K VIERAシリーズ” CX850”との構成のみで機能を発揮する。 因みにCX850では、DCI-P3色空間カバー率98% (ITU規格122%)の特殊なLED/LCDパネルを採用し(55インチだと90%)、またTHX 4K認定のバッチも予定されている。

 

High Dynamic Range効果例(CX850上での比較シュミレーションデモ)

 

 

解像度/明るさ(ダイナミックレンジ)/色再現性の向上で、高次元の映像表示を実現

 

パナソニックは次世代BD規格を策定するBlu-ray Disc Associationの参入企業の1社であり、規格化を主導しながらブルーレイ関連の機器開発についても先導を切って行っている。  次世代BDは今夏には規格が策定され、クリスマス商戦時期にはハード・ソフト共、市場投入されると業界では見られている。

 

Pronews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP