FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Aereo Files For Chapter 11 Bankruptcy

11月25日

 

Aereoが破産保護で知的財産売却へ 

 

 

 

 

リニア放送をインターネットで視聴できるサービスを提供していたAereo社は21日、邦倒産法第11章に基づく 破産申請をニューヨーク南地区倒産裁判所に提出した。 同社は2週間前にボストン本社を閉じ、43名の社員解雇を実施。  今回の企業終息を示唆する行動をとっていた。

 

Aereoの最高経営責任者チェット・カノジア氏はAereoの公式ブログにて、ニューヨークとボストンの連邦地裁や第二巡回控訴裁で大きな勝利をおさめたにもかかわらず、6月に最高裁が下した逆転判決は、克服が困難と判断。  破産申請をすることで裁判所での訴訟で引き起こった莫大なコストとディストラクションを回避させる、としている。 

 

 

Aereoは、加入者個々へクラウド上にアンテナを提供し、リニア放送をマルチスクリーンで観られるサービスを提供していた。 放送局やケーブル事業者らは、Aereoが番組再配信手数料などを支払わずに無断で番組を配信していると主張し、過去に著作権保護違反として各地で裁判を起こしていた。 

 

そして6月に開かれた最高裁判所での裁判では、6対3の判決でAereoの防衛が拒否された。 その最高裁の判決が下ってから3日後にAereoはサービスを停止し、加入者へ払い戻しを行った。 2013年末における加入者数は約8万件とされている。

  

破産申請によると、カノジア氏がAereo社の筆頭株主(出費比率は42.3%)。
同社はArgusのロートン・ブルーム氏を、今後進めていく会社閉鎖処理におけるChief Restructuring Officer(再生担当最高責任者)に指名した。 そして今、物理的な資産と知的財産を売却する方向で進めている。 26日には、破産裁判官へ資産オークションの日程を来年2月17日に設定したいことを提案した。

 

 

 

 

 

 

 
 
BACK TO TOP