FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

DirecTV Gears Up For 4K Service

11月19日

 

ディレクTV、4Kオンデマンド・サービスを開始。 

映画フォレストガンプなどオンデマンドで提供

 

 

 

 

米衛星事業者ディレクTVが長らく温めていた4K商用サービスが先週金曜日から始まった。 ちょうど先日の第3四半期の報告でその予定の詳細をほのめかしていた直後だ。 有料テレビ事業者からの4Kサービスは米国で初めてとなる。

 

このサービスはディレクTVサービスの加入者が対象で、既存のセット・トップ・ボックス(DVR)「Genie」に独占パートナーとなっているサムスンの「DirecTV 4K Ready」という今年発売のスマートTV が必要となるため、非常に少数のユーザー数からのスタートとなる。 DirectTV 4K Ready TVはRVU(アールビューと呼ぶ)プロトコルに対応しているため、視聴者側は特別な受信機を必要とせずにDirecTVのDVR機能とサービスを受けられる。 

 

 

現在オンデマンドで観られるコンテンツは、「フォレストガンプ」をはじめ、「スタートレック(2009)」「トランスフォーマー/ロストエイジ(2014)」といった映画作品やネイチャー系のコンテンツなど、パラマウントとK2コミュニケーションズ配給のコンテンツが20本ほど揃っている。 これから順次コンテンツ数が増えていく予定。

  

今回の新サービスには、特別なネーミングはないようだ(過去には4Kサービス用の名前を商標申請していたが、どれも却下されている)。

 

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP