FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Class-Action Lawsuit Filed Over Proposed $48 Billion DirecTV-AT&T Merger

6月1日

 

ディレクTVとAT&Tのメガ合併案に”待った”の訴訟

 

 

 

 

 

AT&Tが衛星放送事業者のDirecTV(ディレクTV)を480億ドルで買収するという発表があった数週間後、テレサ・シルベストリ女史を代表に、株主らはこのメガ合併案に反対の集団訴訟を提起した。


訴訟がロサンゼルス上級裁判所に提訴されたのは先月末の5月29日。 被告側は、AT&TとディレクTV側の取締役会員、その系列子会社のスチーム・マージャー・サブ社。 ピーター・ルンド氏(元CBSのCEO)やトニー・ビンチクエラ氏(元FOXネットワークグループのCEO)などの名前が連なる。 

 

訴訟では、ディレクTVの買収価格が長期的な潜在を考慮すると過小評価されており、また両社の組み合わせでの相乗値について補償されていないと主張している。 ディレクTVを吸収することで、AT&Tは南米へのフットプリントだけでなく、コンテンツプロバイダとのコンテンツ交渉力を増す。

 

裁判所に提出された申告書では受託者義務違反を訴え、陪審裁判を要求している。
女史は、株主達が状況下で適切な公正かつ最大限の配慮を得られることを確認しないまま、ディレクTVの売買が行われるのを不服とし、両社が信任義務としての「善意による細心のケア、そして情報開示に違反した」と主張。 そして「陪審裁判を起こさない限り、この合併は株主に回復不能な損害をもたらしたまま完遂するだろう」と、述べている。

 

AT&Tは昨年、Chermin Groupと組んでHulu買収を試みている。 結局、Huluの株主企業らがHuluを売却することを辞めたため、お蔵入りとなった。 しかし今年に入り、この2社は5億ドルを投資して新しくNetflixやHuluライクのサービス会社を設立する計画を立てている。

 

提起書類→

関連記事: テレコムAT&T、衛星放送DirecTVを4.9兆円で買収へ

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP