FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Portugal Meo and RTP Broadcast Soccer Match Live in 4K Via Sat and IP

5月31日

 

ポルトガル初の4K衛星中継

ワールドカップ親善試合を4K中継、IPと衛星で伝送

 

 

 

 

ポルトガル・テレコム(PT)とポルトガル公共放送局RTPが、国内初の4K中継放送に挑んだ。 今回は光ネットワークと衛星の二通りを一度に実施したという。 映像は、ポルトガルの首都にあるMEOパビリオン「 MEOアリーナ」で開催されたイベント会場で、サムスンのUHDカーブドテレビと、OTTプラットフォームMEOを通して出力された。


中継はワールドカップ(W杯)直前の5月31日に開催された。 ポルトガル対ギリシャの親善試合(試合会場:リスボン、エスタディオ・ダ・ルス・スタジアム)にて、RTPとライブプロダクションMedia Lusoによって4K編集が行われた。 RTPはW杯の国内放送権を持つ。

 

映像データは米エレメンタル・テクノロジーズのライブエンコーダーでリアルタイムにHEVC化(50fps)され、光ファイバーネットワークのほか、ヒスパサットのHispasat 1E衛星を利用して伝送された。

 

IPストリーミングの受信側はサムスン製のデコーダー内蔵の4Kテレビで、搭載されたPTサービス専用のMeoUHDアプリを使ってMPEG-DASHで再生。 衛星から受信した映像データはMeoBox Ultra HDという、サムスンが開発したPTサービス専用STBの試作機を介して4Kカーブド型テレビに再生。

 

今回の取り組みは勿論、PT側の4Kサービスを見込んでの実証実験で、同社によれば国内での4K商用サービスは2015年以内に浸透するという。

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP