FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Japan 4K Broadcast "Channel 4K"Starts On 2nd June

5月20日

 

4K試験放送が6月2日から開始。 チャンネル名は「Channel4K」  

 

 

 

 

 

次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は20日、新藤総務大臣が当日の閣議後記者会見にて4K試験放送の開始を言及したことを受け、合わせて詳細を発表した。 

6月2日からスカパーJSATの124/128度CS放送で実施する。


チャンネル名は「Channel4K(ちゃんねるよんけい)」。 

6月2日の13時からチャンネル502で放送を開始する。 当初は13~19時の1日6時間で放送し、番組はNexTV-Fに加盟している放送局が制作した、音楽ライブ、紀行、スポーツ番組等のコンテンツを放送する。 中継放送に関しては発表文には説明されていない。

 

解像度は3840×2160/60pで、映像圧縮方式にはHEVCを採用する。

 

視聴するには、Channel 4K対応受信機の出力に対応したHDMI入力のある4K放送対応テレビ、ハイスピードHDMIケーブル、Channel4K対応受信機とスカパー!ICカード、124/128度CSデジタル放送対応アンテナが必要。 視聴は無料だが、著作権保護のためのスクランブルを解除する目的で、NexTV-Fのコールセンターに申し込む必要がある。

 

4K試験放送の受信/録画に対応したデバイスに関しては、初のデジタルチューナ/レコーダがシャープから6月25日から発売される(「AQUOS 4K (TU-UD1000)」)。

 

 

また新藤総務大臣からは、ケーブルテレビ事業者等が公共スペースで実施するパブリックビューイングと全国の 一部量販店の店頭等でも視聴できるようにする意向を発表している。

 

NexTV-Fでは今後、ケーブルテレビ事業者やIPTV事業者から、次世代放送推進フォーラムの4Kテレビ放送について、同時再放送を希望する申請があれば、技術上、運用上の要件等を精査したうえで、同時再放送を同意する予定だという。 

 

更に今回の4K放送の概要の発表と合わせて、NexTV-F技術仕様の「高度狭帯域伝送方式における4K放送のコンテンツ保護要件ならびに受信機出力規定」と「高度狭帯域伝送方式における4K放送の運用に関する技術資料」の2件を公開した。

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 

 
 
BACK TO TOP