FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Netflix Steams 4K VOD, Next Big Program Is Coming

5月11日

 

Netflixの4K VODサービス、ブレイキング・バッドが6月に登場 

 

 

 

 

 

Netflixがオリジナル番組“ハウス・オブ・カード”の4Kリマスターを終え、セカンドシーズンから4K・HEVCストリーミングを開始している。 ストリームは16Mbps。 ハウス・オブ・カードは、制作開始から4Kカメラで収録しており、今後はマスターを4Kで仕上げていくという。

 

 

この新しい4K VODサービスに対応する受信機(テレビ)は、CESでも発表したサムソン製UH8550/9000で、今後はソニー、LGやVizio社から対応アプリと再生コーデックを搭載した4Kテレビが登場してくる予定。 Netflixでは、最高品質の視聴体験を得るための帯域幅として、家庭内で最低20Mbpsの確保を進めているが、Netflixがサービスを展開している米国、英国では一般家庭のブロードバンド幅は、いいところ平均で7-8Mbpsだ。  サムスン製のHEVCデコード搭載の4K TVと高速ネットワークを持った環境のサービス加入者はまだ希少な存在だ。  現在、この4Kストリーミングサービスは対応環境を持っている加入者であれば、追加費用なしで観られる。

 

4Kコンテンツのライブラリにはハウス・オブ・カードのほかに、ネイチャー番組やハイエンドなタイムラプス技術のパイオニアとも呼ばれている撮影監督 ルイシュバルツバーグ氏のビジュアルアート作品などが揃う。 今後も4Kリマスター版の映画ジャンルを増やしていくほかに、直近ではAMCでちょうどシーズン5が終わった”ブレイキング・バッド”を、ファーストシーズンから全て4Kクオリティで配信することを明らかにしている。 放送開始は6月を予定している。


ブレイキング・バッドはソニーからライセンスを受けて通常のVODサービスで提供しており、今回の4Kサービス向けにはNetflix側でリマスターを施しているという。 オーディオは5.1chに対応させている。

 

 

 

 

余談だが、NetflixのHD VODサービスを4K TVで楽しむ方法もある。 Seikiなど普及版の4K TVを持っているユーザーであれば、Netflixアプリがプリ搭載されているNanoTech製”Nuvola NP-1” 4Kストリーミングメディアプレイヤーを使って、コンテンツをアップスケーリングして視聴することができる。 当然、本来の4Kサービスのコンテンツではないため、1080pをアップスケーリングして観られるだけだが。

 

 

後発組ながら脅威的な存在のAmazonでも、”Alpha House”といったオリジナル番組を4Kで制作しており、4Kストリーミングサービス計画を進行するにあたり、サムスン社からワーナーブラザース、ライオンスゲート、20thセンチュリーFOXそしてディスカバリーといったスタジオとパートナーシップを結んでいる。 

 

Amazonからはまだ、どのような形態のサービスを始めるのか、また日程についてなどの発表はされていない。 しかしNetflixの展開から出遅れたくなければ、年内には何かしらの4Kサービスを開始するものと見られている。

 

 

Pronews掲載記事

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP