FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Korean MSO Built Koean-First UHD Production Center

5月2日

 

韓国ケーブル事業者T-Broad、国内初4K制作センターを構築

 

 

2014 KCTAでt-broadが披露したUHD制作機器

 

 

韓国内最大級のMSOであるt-broadは、2014年9月から行われる第17回仁川アジア競技大会と連携し、仁川広域市中区にあるエグゼクティブロード仁川制作センター内に17億ウォン規模のUHD(4K)制作システムを構築する。 2014年5月半ばには完成する予定だ。

 

t-broadは泰光グループの系列会社MSOで、ソウル、京畿、仁川、大邱、釜山など主要都市21の圏域でサービスを展開しており、350万人のケーブルテレビ加入者を確保している。

 

同社は4K商用サービスについて先導的に進めてきており、昨年夏にはケーブル局として初の4K試験放送を開始。さらに10月にはソニーコリアの支援提携により、仁川国体の主要な競技を4Kコンテンツとして製作するなど、4K制作の経験値を積んでいる。

 

今回構築されたシステムは、スタジオ内での撮影からマスタールーム、編集室での4K対応機材を揃え、ある程度の特殊効果や字幕まで製作することができる実用的な4K制作システムとなっているという。

 

更に同社は4Kコンテンツ制作部門でも継続的に設備投資を行う計画で、年内に仁川の地域的特色をよく描いた様々なUHDドキュメンタリーを製作する予定。

また4月に開局したUHD専用チャンネルのUMAXとも協力して、地域の特色を盛り込んだプログラムと地域のニュースを提供していくとしている。


 

Pronews投稿記事

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP