FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Korean Government Formed Public-Private Task Force

W/ Major Manufactures For 4K Content Creations

3月18日

 

韓国政府、4Kコンテンツ制作支援に国内主要メーカーらと官民タスクフォース結成

LGやサムスン、ショッピング会社ら8社

 

 

 

韓国の行政機関の未来創造科学部(未来部)は、韓国電波振興協会、 家電メーカー2社、ホームショッピング会社6社とUHDコンテンツ制作活性化を 図るための業務契約を締結した。

 

サムスン電子、LG電子などの家電2社とGSホームショッピング、CJオーショッピング、現代ホームショッピング、ロッテホームショッピング、NSホームショッピング、ホムエンショッピングなど6つのショッピング社。

 

先週11日に開催された協約式には、ユンジョンロク未来部次官を中心にハンジョンフイサムスン電子副社長、チェ・ソンホLG電子マネージングディレクター、キム・イングォン韓国TVショッピング会長(現代ホームショッピング代表)、チャヤンシン韓国電波振興協会副会長をはじめ、関係者20人余りが参加し、UHDコンテンツ生態系を確立するための官民合同TFが結成された。

 

業務協約に参加した未来部と韓国電波振興協会、主要メーカーは、UHDコンテンツ制作に71億ウォン規模の共同基金を行う。政府が放送通信発展基金を通じて25億ウォン(約2.4億円)を投資し、民間からは46億ウォン(約4.3億円)を投資する(サムスン電子とLG電子は、それぞれ15億ウォンずつ投資)。未来部は、年末までのファンドの規模を100億ウォン以上に拡大し、参加企業も増やす計画だ。

 

未来部では「家電社、TVショッピング社、電波振興協会との協議を終え、今月中旬から放送局、制作会社などを対象にUHDコンテンツ制作支援と海外流通支援事業を推進する計画」と述べている。

 

今回の業務協約で政府、家電、ショッピング、放送、製作会社が参加する「All 4 One(オルポウォン)プロジェクト」が本格化する。オルポウォンは、UHD放送の活性化を議論するUHD協議体内部の放送局、メーカー、配給会社らが参加した、UHDコンテンツ制作支援ファンドだ。この共同ファンドは、放送局、制作会社などに公募手続きを介して支給される予定。

 

しかし、放送コンテンツの80%を生産する地上波の役割を限定させ、その他の様々なUHDコンテンツ制作を有料放送中心の政策で再構築しようとする意図が背後に見え隠れしており、現在UHDポリシーに関して地上波と有料放送が激しく競合している状況で、複雑な利害関係が絡んできている。

 

来月から4Kサービス開始を控えたケーブルについても、ホームチョイスを介してソニー・ピクチャーズの4Kコンテンツ需給を強力に推進しているが、実際は関連する契約が成立していない。このような状況から、本協約がオルポウォンを通じて大乗的なUHDコンテンツ制作の土台になるのか、それとも有料放送UHDコンテンツの制作支援を通じた局地的ものになるのかに関心が集まっている。

 

 

 

Pronews投稿記事

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP