FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Roku Launches New Streaming Stick For $50

3月13日

 

Roku、新ストリーミングスティックを4月に発売

グーグル・クロームキャストの対抗馬

 

 

 

 

TVセットトップボックスでApple TVと並び米国市場で認知されているRokuから、50ドルのスティックタイプが発表される。 

まさにGoogleのChomecast (クロームキャスト)に並ぶ競合製品となる。  発売時期は4月を予定。

 

Roku Streaming Stick(Rokuストリーミングスティック)は、Netflix、Hulu、アマゾン・インスタントといった 幅広いジャンルの映像視聴サービスのアプリを搭載している。 実は今回のスティックタイプのチューナー製品は初めてではない。 

 

2年前にも一度、100ドルで市場に投入したが(Roku 3400R)、こちらはMHLポートにつなげる製品で、 新スティックのようにHDMIポートを介してテレビと簡単につなげ、テレビをスマートTV化にできるソリューションではなかった。

 

Googleのクロームキャストは35ドル。 

本体にコントローラーデバイスは同梱されず、 AndooidまたはiOSデバイスにアプリを搭載して使用する。 一方、Rokuのストリーミングスティックは価格は若干高い部分、 専用リモートコントローラーがついてくる。ボタンを押しながらのテレビリモコンを好むならば有難い話だ。  

 

またRoku側での優位性として、コンテンツとアプリの豊富さが挙げられるだろう。  業界の新生Googleと違い、現行のRoku TVで築き上げたリソースをそのまま使える。  さらにテレビメーカーと共同でより良いインターフェイスも開発していることもあり、 市場に先に投入されたクロームキャストが満たせていない部分をカバーし、 本当のゲームチェンジャーとなりうる素材を持ちあわせているとして期待されている。

 

 

 

 
 
 
BACK TO TOP