FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Broadcast Vendor M&A: Quantel Acquires Snell

3月12日

 

クオンテル、スネルを買収

放送とメディア市場への新しいフォースを追及

 

 

 

 

放送市場の開発メーカー同士でのM&Aが続く。 英クオンテルは3月12日(現地時間)、30年の歴史を持つ放送機器開発業者の英Snell(スネル)を買収したことを明らかにした。 金額や詳しい条件については非公開。 今回の買収についてクオンテルは“放送とメディア技術市場での新たな力を見出すため”としている。

 

スネルは、プロダクションスイッチャKahunaやオートメーションシステム、ルーティングスイッチャからマルチビューワなど幅広い製品ラインを持っており、チャンネル・イン・ザ・ボックスでは業界の開拓者でもある。

 

クオンテルの発表によると、双方のビジネスを統合することで、 マルチプラットフォーム間で効率的に高品質なコンテンツの作成から 配信まで一括で行えるソリューションが提供できるようになるとしている。 またお互いのネットワークチャンネルを利用しより良いセールスフットワークが行えることを期待している。

 

今後もスネルのブランドはそのまま維持される。 同様にブランド各事業のスタッフもそのまま居残るようだ。  クオンテルは英ニューベリーの本社に新しい施設を設け、スネル製品群も一緒に扱いながら開発部門で新しい製品企画を展開していく。 近いうちに既存の製品も含め製品のロードマップを発表するとしている。

二社のグローバルオフィスの合計は16か所で、収益を合わせると170億ドル以上となる。

 

 

Pronews投稿記事

 
 
 
BACK TO TOP