FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Sony & Panasonic Next-Gen Optical Discs Moving Forward

3月10日

 

Blue-ray Discに替わる光ディスク、

パナとソニーが次世代光ディスク規格を策定

 

 

 

 

ソニーとパナソニックが、300Gバイトのデータ保存が可能な大容量ディスク「Archival Disc (アーカイバル・ディスク)」の規格を策定した。 2015年に提供を開始する計画。

 

両社によると、Archival Discは追記型の両面記録媒体となる。 アーカイバル・ディスクは2015年夏以降にまず1枚300GBから製品化、 続いて、500GBの下にある符号間干渉除去技術、 1TBの下にある多値記録再生技術などを加えて順次高密度化を目指す。

 

両社は昨年7月にも、デジタルデータを長期保存するアーカイブ事業を拡大するために 共同で現行のBlu-rayに代わる業務用次世代光ディスク規格の策定を目指すことを公言していた。

 

 

 

策定したArchival Discは、追記型で300Gバイトの容量を実現する。 ディスク構造は片面3層の両面ディスクで「ランド・アンド・グループフォーマット」を採用する。 トラックピッチは0.225μm、データビット長は79.5nm。エラー訂正方式はリードソロモン符号を採用した。

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP