FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Sharp, Samsung Demoing 8K QUHD TVs at CES2014

1月16日

 

シャープとサムスン、8K QUHD TVの参考出展。 

シャープは裸眼3Dをドルビー&ドルビー技術で実現 

 

 

 

 

CES2014では新しく75モデルもの4K UHD TVがフロアに登場したが、8K放送を予定している韓国と日本のテレビメーカーからは一歩進んだ、クワッドUHD( QUHD、7,680 x 4,320)によるフラットスクリーンが参考出展された。

 

サムスンは技術展示として、初めて98インチサイズのQUHD TVを展示。 CBSの番組に登場するロビン・スパークレスの“モールに行こう”をモデルにしたコンテンツの上に虫眼鏡で一部をズームし、高精細性をアピールした。

 

 

3年前のIFAで世界初として既にQUHD TVを登場させたシャープからは、裸眼3Dに対応させた85インチの液晶ディスプレイを展示した。 こちらの表示は片目で4Kということになる。裸眼3Dの技術はドルビー(Dolby Laboratories)とフィリップ(Royal Philips Electronics )が開発した「 Dolby 3D」によるもの。 今までのシャープのQUHD TVに比べて3Dの奥行がある分、視角は狭くなったという。  Dolby 3Dは昨年のNABでキャメロン-ペースグループと共に裸眼3Dを一般家庭へも浸透させようとする活動を行うことで合意している。 

 

NHKでは、2016年のリオ夏季オリンピックを目標に8K放送を実現させるための様々な技術をメーカーと共同開発を進めており、シャープとは8K対応の85インチ液晶ディスプレイを共同開発している。

 

 

Pronews投稿記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP