FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

World First Supersensitive 4K Camera in Space, Live O.A.

12月4日

 

宇宙からの世界初の4K動画撮影。

NHKスペシャル、国際宇宙ステーションからアイソン彗星の生中継

 

撮影日時:2013年11月23日午後7時8分頃(日本時間)
撮影場所 カナダ・オンタリオ州付近(高度420キロメートル)

 

 

12月4日午後7時30分よりNHKにて放送されるNHKスペシャル「遭遇!巨大彗星アイソン」では、地球上空400kmを回る国際宇宙ステーション(ISS)の滞在している若田光一宇宙飛行士との生中継で、超高感度4Kカメラを使いアイソン彗星を撮影する。 若田宇宙飛行士のコメントを交えながら、自身の撮影によるアイソン彗星の姿をISSから生中継で紹介する。

 

宇宙からの4K動画撮影は世界初の試み。 

撮影には、NHKと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で準備を進めてきた宇宙用の超高感度4Kカメラシステムが用いられる。 本カメラは8月4日に、宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機(HTV4)に搭載され、種子島宇宙センターからH-IIBロケットで打ち上げられた。

 

本番組に先駆けて若田宇宙飛行士は、11月23日にはカナダ・オンタリオ州の上空420kmでアイソン彗星が尾から上がってくる様子やオーロラを同カメラで撮影することに成功している。 

 

 

国際宇宙ステーションから撮影した『オーロラ』
撮影日時 2013 年 11 月 23 日(土)19:03 頃(日本時間)
撮影場所 アメリカ合衆国・モンタナ州付近(高度420km)
※下の光はカナダ・カルガリーの街

 

12月4日は、彗星がもっとも良く見えると期待される時期。 なかでもアイソン彗星は、太陽の間近まで接近し、大量のチリとガスを吹き出して巨大な尾をなびかせる“世紀の大彗星”になると期待されている。 番組では、“地上からは決して見ることができない美しく鮮烈な映像で、歴史的な天体スペクタクルを体験できる”としている。

 

ProNews掲載記事

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP