FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

NexTV-F &SkyPerfect JSAT Made Another 4K Live Trial with Live Alice Concert

11月6日

 

NexTV-FとスカパーJSAT、アリスコンサートを4K中継&パブリックビューイング。 

民生用4Kカメラも利用。

 

 

 

一般社団法人 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)とスカパーJSAT株式会社は 11月2日に、「アリスコンサートツアー2013 It's a Time ファイナル in 武道館」の衛星伝送による4Kライブビューイングを開催した。

 

スカパーJSATは、これまでに通信衛星を使用した4K伝送実験として、過去2回「Jリーグ」生中継での実績がある。 今回はスポーツコンテンツからイヴェントコンテンツに変えて挑んだ。

 

今回もライブビューイング会場には、Jリーグ試合の4Kライブビューイングを行った「お台場シネマメディアージュ」が選ばれた。

アリスのコンサートは日本武道館で開催。 スカパーJSATの衛星「JCSAT-5A」経由でお台場シネマメディアージュに伝送し、ライブビューイングとして上映した。 

コンサート会場での中継収録には、キヤノンの「EOS-C500」(3台)と、ソニーの「PMW-F55」(3台)と、今回新しくJVCケンウッドの「GY-HMQ10」(1台)の計7台が使われた。

 

ライブプロダクションは、共同テレビジョン社の中継車「KR-advance」で行われ、カメラからのラインはソニー製「MVS-7000X」スイッチャーを介して富士通の「IP-9610」(2台)を用いてエンコードし、衛星ネットワーク社の衛星中継車(1.5mアンテナ)を用いて伝送した。 変調方式は32値APSK、回線容量は最大123Mbps。 映像コーデックはMPEG-4 AVC/H.264で、解像度は3,840×2,160ドット、フレームレートは59.94p。 受信側では、お台場シネマメディアージュの1.4mアンテナで受信し、デコードしてソニー製の4Kプロジェクター「SRX-T420」により、映画用の大画面(約350インチ)でコンサート映像を投影した。

 

基本的にはJリーグ4K中継のパブリックビューイングと同じシステムワークフローのようだが、今回はハイスピード専用カメラを採用しなかったことでライブプロダクション側でもスポーツサーバも使用せずに行われた。

 

 

ProNews掲載記事

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP