FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Rakuten To Acquire Global Video Streaming Service Viki

9月2日

 

楽天、世界のテレビ番組などに字幕をつけてインターネット配信する Viki を買収へ  

コミュニティボランティアを利用して160か国語の字幕を生成

 

 

 

楽天株式会社が、シンガポールを拠点としている、世界のテレビ番組をインターネット配信する Viki を買収することが明らかになった。

当初は楽天CEO三木谷博史氏のツイートで確認したというAllThingDが先駆けてニュースにしており、追って9月1日(現地時間)になってVikiが公式ブログで明らかにした。 

AllThingDによると、買収金額は2億ドルという。

 

Vikiは、世界各国のプレミアテレビ番組、映画や音楽ビデオを、クラウドソース上にある字幕をつけてPCやモバイルデバイス向けに配信している。


Vikiは、“video” と“wiki” の掛け合わせで生まれたネーミングの通り、コミュニティのメンバー(=ファン)がボランティアで、好みのコンテンツに好きな言語の字幕化を行っている。 この同社の160か国語以上の言語に対応する字幕技術は、世界経済フォーラムより2014技術パイオニア賞を受賞している。 過去の受賞者には、Google、 Mozilla、Sling Mediaやツイッターが揃う。

 

Vikiはこの春には、1か月あたり2200万のビューワーがあるサイトとなった。 ビューワーの30%はモバイルデバイスからアクセスしているという。
番組はユーザーには無料で提供しており、番組のコンテンツ制作者と広告収入をレベニューシェアする形式で収益化を行っている。 また有料の購読モデルも提供している。

Vikiから見れば巨大なEコマース企業である楽天ではあるが、コミュニティを立ち上げ、そしてグローバル文化を構築していくという活動を行っているとして、“同じ価値観や哲学を持っていると共感を寄せた”、とブログで告げている。

 

買収された後も、Global TV Powered by Fansの運用を行っていき、さらに世界各国のコンテンツを拡充していくとしている。

 

 
 
 
BACK TO TOP