FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

MHL3.0 includes 4K+7ch Srround Sound Support

8月29日

 

MHL3.0でスマホから4K映像と7.1chサラウンド出力が可能に

 

 

サムスン、ソニー、ノキア、東芝らが加入している連合であるMHL(モバイル・ハイデフィニション・リンク)から新しい基準MHL3.0(MHL3)の仕様が明らかになった。

 

コンシューマー目線でもニーズとして挙がっている、"MHLリンクでモバイルデバイスからディスプレイにより高画質な映像をつなぐ"として、新たに4K解像度がサポートされる。

MHLはモバイルデバイス向けのHDMIのようなもので、現在3億台以上のデバイスに実装されている。

 

MHL3は既存の対応帯域が倍になることで、4K解像度(3840×2160/30Hzまで)および7.1chサラウンド(Dolby TrueHD/DTS-HD)の映像をテレビに出力することができるようになるという。ハイスピードの双方向チャンネルで4Kデータをテレビだけでなく、大容量記憶装置(ストレージ)とのやり取り、そしてタッチスクリーンやマウス、キーボードなどの入力デバイスとも平行して対応できるとしている。MHL3の形状は既存のMHL2と同じ5ピンで、またHDCP2.2コンテンツ保護に対応する。

 

今後拡大する4K映像記録ができるモバイル携帯とHDTVやUHDTVと繋いで高精細なビデオを楽しんだり、モバイルゲームを大画面でプレイできるほか、自動車のナビゲーションシステムと連携をとることもできる。

 

 

ただMHLに対応するディスプレイや液晶ハイビジョンテレビは、各メーカーからあまり出ていないのが現状だ。 また使用するにはHDMIに変換するアダプターを使用しなければならなく、アダプターも電源が必要とする。 

 

MHL3の仕様は9月中にMHLサイトで公開される。 

 

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP