FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

J:COM Joins CableLab's Member

7月31日

 

J:COM、米ケーブルラボの正式会員に 

 

 

 

ジュピターテレコム(J:COM)は7月31日、米国ケーブルラボ(CableLabs:Cable Television Laboratories)に正式会員として参加したことを発表した。

 

CableLabsは1988年に米国の複数のケーブルテレビ事業者により設立され、ケーブルテレビに関する技術研究・開発を推進している非営利団体である。北米や欧州、アジアの有力なケーブルテレビ事業者41社が参加している。

J:COMは1995年の設立以来、当時の大株主であったリバティ・グローバルグループの一員として、CableLabs が開発した技術(DOCSIS3.0)を活用した高速インターネット接続サービスを世界で初めて商用化するなど、ケーブルインターネットやVOD、双方向STBなどさまざまなサービスでCableLabsの技術的な支援を受けてきたという。

 

今回、CableLabsの会員メンバーとして参加することにより、世界の有力ケーブルテレビ事業者や諸外国のケーブルテレビ事業者の取り組みや技術トレンドといった情報収集が直接的にできることで、日本市場における新サービス導入・既存サービスの改善にそれらの情報を活用し、日本のケーブルテレビ業界の発展に貢献していく。

 

 

 

 
 
 
BACK TO TOP