FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Dentsu Secures Olympic Broadcast Rights

7月11日

 

電通、五輪放送権ビジネス初参入、中央アジア5カ国を取得

 

 

 

 

国際オリンピック委員会(IOC)は7月4日、2014年ソチ冬季五輪と16年リオデジャネイロ夏季五輪の中央アジア向け放送権を株式会社電通が取得したことを発表した。

 

取得したエリアは、中央アジア 5 カ国(カザフスタン、キルギスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、ウズベキスタン)。 契約金額は公開されていない。 

 

同時に公表した電通によると、「中央アジアでのスポーツコンテンツの人気の高まりを受け、同地域のスポーツマーケティング活動に積極的に取り組む」ことを理由としている。  同社はサッカー・ワールドカップ(W杯)の日本国内やアジア向け放送権を手がけており、五輪の放送権ビジネスに参入するのは今回が初めて。 今後、現地放送局などに対して放送権の販売を行うとしている。

 

対象となるのは、テレビ、ラジオ、インターネットを含む、オンライン/オフラインすべてのメディア配信プラットフォームだ。 IOCでは、成長の潜在力がある(電通が放送権利を獲得したアジア圏)地域で、さまざまなプラットフォームによるオリンピック放送が楽しめることに期待している。 交渉を主導したIOC財務委員長リチャード•カリオン氏は今回の契約で、「(形式に捉われない)フリーテレビジョンでソチ、リオ両オリンピックが展開できることが保証された」と言及している。 

 

 

 

 
 
 
BACK TO TOP