FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Taiwan CHIMEI To market Large 4K UHD TV At A Low Price

7月9日

 

CHIMEI、大型4K UHD TVを市場半値で発売へ

 

 

 

 

奇美集団の液晶テレビブランドCHIMEI(チーメイ電子、Chi Mei Optoelectronics)が、台湾ブランドとして初めて、50/65インチの大型4K UHD TVを市場投入する。 

 

販売希望価格はそれぞれ5万9,000台湾元(198,000円)、10万9,000元(366,000円)と、先行投入された日本ブランドの半額程度に抑えられている。 50インチは7月中、60インチは8月に発売する予定。 市場投入後の販売台数として、下半期で台湾市場シェア15%の5,000台を目指す。

 

両モデルとも720度視野角度を持ち、従来のTV製品に比べて550%も消費電力を抑えられるLEDバックライトを使用しているという。 パネルはグループ傘下で世界三大液晶パネル製造会社の1つであるイノラックス社製(群創光電)を採用しており、他社パネルサプライヤーは利用しないという。 

 

中国ハイセンス(Hisense) やスカイウォース(SkyWorth)の39インチ600ドル、50インチ1500ドル4K UHD TVでも、同じくイノラックス社製パネルを採用している。 対してソニーブランドの4K UHD TVは友達光電(AUO)社製だ。

Skyworth 39E780U

Skyworth 39E780U

 

CHIMEIはまた、7月4日に地元報道関連者向けに開催されたお披露目会にて、今後4K-3D対応や、有機ELバックライトや湾曲ディスプレイなど先進的な技術を取り入れていくことを明らかにした。

ちなみイノラックスは、 TCL, 東芝、パナソニック、AOC/Philips, フナイなどにも液晶パネルを提供している。

 

ProNews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP