FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Samsung acquires Boxee for $30M

7月4日

 

サムスン、DVRのBoxeeを3000万ドルで買収 

 

 

 

 

 

韓国サムスン・エレクトロニクスが、デジタルビデオレコーダー(DVR)のソフトウエアを開発するBoxeeを買収したことが明らかになった。

買収金額などは明らかになっていないが、イスラエルの経済情報サイト「The Marker」によると約3000万ドル(約29.9億円)だという。  サムスン側はBoxeeの資産および必要な人材を取り込む。 充実したスマートTVのユーザーエクスペリエンスを提供することを目指す。

 

サムスンは今までインターネット対応のテレビセット“スマートTV”を市場で強化してきた。 今年のCESでは、年内の新製品の大半がスマートTVになることを言及している。  サムスンのスマートTVには、SkyPeコールやNetflixなどのストリーミングビデオサービスへのシームレスなアクセスできるソフトウェアを搭載している。 しかし、これらのインターフェースやソフトウェアの仕様に関しての評価は低い。 

 

Boxeeはパークキャピタル、ユニオンスクエアベンチャーズやソフトバンク(NY)から27億円もの投資を受けて6年前に設立した。

元々、クロスプラットフォーム上でビデオを再生できる技術を開発しているイスラエルの新興会社である。  2010年には、そのソフトウェアを実装させたセットトップボックスを市場に投入している。 

 

D-Linkで発売しているセットトップボックスのUI

 

3世代目として、昨年末にクラウドベースのDVR「Boxee TV」を登場させた。 最大の利点としては、ダブルチューナー付きで番組や音楽コンテンツをクラウド側に保存するので、DVR側の記録容量に制限がないことだ。Boxeeのライブテレビ番組ガイドから様々なアプリを統括するユーザーインターフェースは非常に評価が高い。

 

ProNews掲載記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP