FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Sony Begins 4K Wimbledon Trial, Outs Micro-ad Campaign

6月24日

 

ソニー、ウィンブルドンで4K実験収録。 

”4K技術”をアピールするキャンペーンCMも。 

 

 

 

 

ソニーはBBCとEBU(欧州放送連合)と提携し、ウィンブルドン選手権の初日の模様をF55(2台)とNEX-FS700(1台)を持ち込んで試験的撮影を行った。  試験撮影場所は、センターコートと1番コート。 撮影フォーマットはRAW 4KでAXS-R5レコーダにカメラから直接記録された。 この4K映像は、ウィンブルドン開催期間、会場にあるソニーの”4Kエクスペリエンスゾーン”にて視聴できるようになっている。 

 

NEX-FS700 & HXR-IFR5 アダプター
©Sony Professional Europe

 

ソニーヨーロッパでは、ソニーの4K映像技術をアプローチするキャンペーンCMを英国でウィンブルドン選手権のグランドスラム(6月24日)から開始した。 この日は、英国で、ソニーの最新4K UHD TV( BRAVIA 55X9/65X9)の発売開始だ。

 

 

このCMでは、ソニーが“マイクロタイジング(Microtizing=マクロ広告)”と呼ぶ手法で、ソニーの4K技術をアプローチしている。 マイクロタイジングは、誇大的の反対を意味するミニチュア広告の造語のようだ。 

CMでは、英国で人気のテニスプレイヤー、アン・コウサボング選手の爪先、スコートの折端、靴ひもなどに、小さなソニーロゴと4K Ultra HDの文字を見つけることができる。 実は、これらのほかにも隠されているという。 

 

CMの素材はソニー4Kカメラで撮られており、ソニーの4K UHD TVで見れば、これらマクロ広告もはっきりと判ることをアピールしている。 今回のCMはアン選手が試合で勝ち進む限り放送する予定。(*初日のシングルスが敗戦となってしまったので、予定変更の可能性もある)。

 

ソニーヨーロッパでは、今後もメジャーなスポーツ大会開催を狙って4K放送技術のイノベーターであることをアプローチするCMを展開していくという。 

 

ソニーは2011年のウィンブルドン大会でBBCとともに3D放送を行っており、以前からBBCと提携して先端放送技術を試みている。  今回の大会はBBC、Canal+、ESPN、NovaとSkyイタリアが3D中継放送を行っている。

 

 

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP