FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

French Open Tennis Goes HEVC/4K Live Transmission

6月10日

 

全仏オープン、フランステレビが史上初HEVC /4K実況中継トライアルを実施。 

パブリックビューイングも会場で。 

 

 

 

 

この実証実験は、ユーテルサットおよびATEMEなどフランスの9産学が参画している4EVERコンソーシアムが支援している。 4EVERは、フランス産業省や地元当局、欧州地域開発基金によって支援され、2012年から3か年計画でHEVCと超高精細テレビの分野で開発・研究を進めていくプロジェクトだ。 

4Kでの熱戦の模様は、競技敷地内にあるエンターテイメント施設RG LAB内に設置されたAstro社製の4Kディスプレイにパブリックビューイングとして公開した。  

 

実施期間は開催2週間目から。 センターコート「コート・フィリップ・シャトリエ」(Court Philippe-Chatrier)での試合を中継した。 ライブプロダクションの運用全般はAMP-Visual TVが主体となり、会場に設置された3台の4Kカメラにて収録を行った。 カメラはCanon EOS C500(2台)と For-A FT-Oneカメラ(1台)が使われた。 3台を使用してのスローモーションリプレイも行っている。 

 

 

カメラオペレーターは従来と同じようにズーム、フォーカス、タリーなどが操作でき、プロダクション側ではカラー調整が行える。 EOS C500のRAWデータはデベイヤーしてKahuna 360スイッチャーへ入力、また4Kに変換したグラフィックも利用した。

 

また今回のイベントで、4EVERプロジェクトの参画社フランステレコム(Orange)が、HEVCコーデックでTV(DVB-T2)のほかPCやタブレットといったマルチスクリーン配信を行うストリーミング放送試験も実施したという。 こちらも RG LABおよびレンヌにあるOrangeのショールームで一般公開した。

 

 

さらにフランステレビはRG LAB内で、波長の光を使う可視光通信(VLC/Li-Fi )の検証も行った。 タッチタブレットへLi-Fi経由で、過去25年間における全仏オープン伝説の試合の模様を伝送した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP