FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

TCL Announces MoVo UD, World's First 4K Google TV

5月27日

 

TCL、4KウルトラHD対応のGoogle TVを発表、年内に発売へ

 

 

 

 

中国の家電メーカーTCL(Multimedia Technology Holdings Limites)はGoogleが主催する開発者向けのイベント「Google I/O」にて、業界初の4KウルトラHD UHD解像度対応のGoogle TVを参考出展した。 

 

初お目見えした UHD バージョンのGoogle TVは「MoVo UD TV」と名付けられており、1月に開催されたCESで展示した、Movo”スーパー・スマートTV“のUHD版だ。 

 

TCLは半導体チップメーカーMarvell (マーヴェル)と提携しており、MoVo UD TVもMarvell のARMADA 1500 プラットフォームベースとなっている。  Android 4.2.2を搭載、同社専用のユーザーインターフェースを持ち、Google TVデバイスのカスタマイズができる自由度があるようだ。  

音声による検索、ChromeブラウザやGoogle Play appストア、さらにモーションコントロールとパーソナルボックスオフィス"Lazy TV"といったパーソナライズ体験も搭載するという。 Lazy TVは、テレビ内蔵のモーションセンサーによりユーザーを認識し、そのユーザーの好みや習慣を学習して常に合ったコンテンツなどを展開していく。 

MoVoのディスプレイメーカーは明らかにされていなく、現時点では、発売するモデルサイズおよび価格も未明。

 

当社は既に55インチ型UHD TVをメーカー価格1500米ドルで中国市場に投入している。また同じく中国で液晶テレビ市場3位のスカイワースでも50型“50E780U“を1400米ドルで、またSeikiでは50インチ型“SE50UY04“を1500米ドルで米国市場にも販売している

中国液晶テレビ市場のトップシェアにいるハイセンス(海信グループ)は、“XT880“シリーズからAndriod 4.0(以降)を搭載したWiFi、3D対応のスマートTVを50、58、65型の3モデルで年内に市場投入する。 米報道サイトでは、約2000ドルで50型が販売されると予測している。 

 

今後、中国家電メーカーは15万円切る「50型UHD TV」で、大型テレビ市場を席巻する勢いがみられる。

 

 

ProNews掲載記事

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP