FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

'Jurassic Park 4': Universal Puts Film on Hold

5月13日

 

"ジュラシックパーク4"、製作が中断決定。脚本完成遅延が理由か

 

 

 

コリン・トレボロウ監督のもと、来月24日からプリプロダクションが開始するはずだったジュラシックパーク4(仮題)が一旦製作延期となった。 製作元のユニバーサルから正式な声明が出されたのは5月8日。 声明文での説明では「映画製作者との調整により、ジュラシックパーク4をシリーズ最高の作品として公開するためにも、当社および製作側に十分な時間が必要と判断した」という。  

 

 

ジュラシックパークの最初のリリースは1993年6月11日と20年も前になる。 

最初の作品はスティーヴン・スピルバーグ氏が監督、ポストプロダクション側はジョージ・ルーカス氏が統括した。 撮影路ロケーションは主にハワイの島々が中心。 恐竜は当時最新のCGと視覚効果技術が駆使され、ストップ・モーションの第一人者であるフィル・ティペット氏とILMスタジオの研究技術が超リアルな恐竜たちを実現させた。 スピルバーグ氏は新作でもプロデューサーに就いている。

 

トレボロウ監督の現在の拠点はハワイだ。 内部事情に精通している人たちは揃って、監督と共同で脚本を務めるデレク・コノリー氏が脚本のリライト作業に難航していたことを指摘する。 スタジオ側が脚本の草稿を受け取ったのはつい先週だった。 脚本は「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」のリック・ジャッファ氏とアマンダ・シルバー女史が担当。 この脚本のリライトについては、スピルバーグ氏の意見が反映したようだ。 

 

トレボロウ監督は5月9日のツイッターで

"There is no friction. @UniversalPics is giving us time to make the movie you deserve. Keep telling me what you see. We're all directing JP4." - @colintrevorrow" (スタジオ側との衝突などない。 ユニバーサルは我々に時間の余裕を与えてくれただけだ。 我々はジュラシックパーク4の製作を進めている。)

と語っている。

 

当初の全米公開日は2014年6月13日だったが、現在は次の予定が立っていない。

 

ユニバーサルスタジオからの声明文(PDF)

 

 

 
 
 
BACK TO TOP