FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Court Approved Prana to Acquire Rhythm & Hues

3月30日

 

リズム&ヒューズの入札オークション、Prana Studiosが落札

 

 

 

 

 

2日間にわたったリズム&ヒューズ・スタジオ(R&H)の入札オークションは、VFXスタジオのPrana Studiosが買手として原則的に合意したことが、3月28日遅くに明らかになった。

 

Pranaは主にVFXとアニメーションを得意とするスタジオで、ディズニーなどのメジャーなスタジオの下請けを行っている。 ロスアンジェルスとインドに施設を持っており、アニメーション制作に関しては子会社側のインドが中心に行っているという。

 

 

3月27日の朝からオークションが開始された。 Psyopと電子機器メーカーFoxconnの関係のある台湾企業の入札2社が引き下がり、Pranaと、インド最大のポストプロダクションPrime Focus、そしてテクニカラー北京やChina Lionの共同創立者であるJiang Yanming氏が率いる中国の企業の3社が、入札者として残った。

午後10時過ぎには中国の企業が落札したように見えたが、その後オークションが再開され、日にちが変わって28日の午前2時00分まで続けられた。 そのあとも裁判所から指示されていた午後3時になっても最終的な契約まで届かず、R&Hは法廷に、29日の朝まで待ってもらうよう要請をしたという。 協議は再開し、28日午後9時頃に落札者はPranaへと決着がついた。 

法廷側の承認と書類手続きは、29日に行われた。 

 

実は同日、JS Communicationsは、法廷に今回の入札の異議を申し立てている。 JSCは自身を当て馬であったことを主張してR&Hと手切れ金の交渉をしていたが、R&Hは拒否、さらに公式の入札参加ができなかったという。 

R&Hは、JSCを買主候補から回避した際、(Foxとユニバーサルからの融資金)1700万ドルに52万ドル以上を上乗せした、JSCに提出した入札価格条件を破棄している。

JSCは引き続き弁護士を通して、R&Hに対して手切れ金としての何等かの賠償金を要求している。

 

R&Hには、企業再生グループのデトロイトCRGから事業再建の担当者が送り込まれ、Lee BergerとErika Burton(共同社長)、Gautham Krinshnamurthy(最高技術責任者)と一緒に事業を再構築していく。 

 

R&Hの落札価格は、3000万ドル(28.2億円)程度といわれている。

 

 

 

関連記事→

"ライフ オブ パイ"オスカー受賞のVFXスタジオ R&Hの入札日は3月27日 

 

 
 
 
BACK TO TOP