FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

DirecTV Scores a Batch of 4K TV Trademarks

2月28日

 

ディレクTV、4K放送を示唆する商標登録を申請

~4K放送の先導者を目指す

 

 

 

米衛星放送事業者のDirecTV(ディレクTV)が有料テレビとして初になりうる、4KまたはウルトラHDネットワークを計画していることが米国で報道された。

 

ディレクTVが2月21日に米国特許商標庁に出願した文書によると、商標は4KN/4KNET/4KNetwork/4K Network/4Kの5つ。 4Kブランド名を衛星放送、VOD番組、有料番組およびIPTVサービスで使用する用途として申請している。

 

ディレクTVのスポークスマンは、現在は4Kサービスの立ち上げの可能性を探求し始めた段階、と各メディアへ答えている。 同社は毎年、数多くの商標出願をしている。「まだ4Kについては探索的段階で、国内インフラを整える技術的視点で言えば何年も先になる。 今回の4K関連の商標も、将来的に柔軟性を与えるため」、とマイク・ホワイトCEOもワシントンポスト紙との電話インタビューで述べている。

 

同社は、常に先導切って次世代フォーマットのサービスを開始している。 3Dブームの再来と言われた時期には、同社は業界先駆けて3Dテレビネットワークn3Dを開始した。当初は24時間放送を目指したが、コンテンツ不足と芳しくない加入者数を理由に、昨年夏には特別番組のみを提供するサービスへと切り替えた。

 

宇宙コミュニケーション&技術開発担当のフィリップ・ゴスヴィッツ副社長によると、4Kサービスの実現は早くても2016年と予測しているという。 それは同社が現在進行中の2つの周波数帯(Kuバンド、Kaバンド)をKaバンドに移行することも見越しているようだ。 (同社は現在、5つの位置(東経99/101/103/110/119°)から直接放送衛星を使って配信をしている。)

 

 

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP