FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Premier League Game captured in 4K

2月25日

 

英サッカープレミアリーグにて4K中継のフィールド模擬を実施。 

ウィンブルドン4K中継の予行か

 

 

 

2月2日に行われたイングランド・プレミアリーグ第25節では、チェルシーFC対ニューカッスル・ユナイテッドFCの試合放送で、4K中継のフィールドテストが行われた。 試合会場は英国のセント・ジェームズ・パーク。

 

現地英国で中継車の運用やプリプロダクションを営むSIS LIVE社がシステム構築の主管となり、カメラレンズの選択から、どの収録システムが4K中継に適しているかといった技術の検証および4K中継のワークフローの確認を行ったという。 

スポーツ中継では言うまでもなく、その場の一瞬を見逃すようなエラーは許されない。 これに応えられる精密性の高い、信頼のおける機材の選択が重要視される。 限られた中継車内スペースを考慮した、極力コンパクトでポータブルな外姿も追求される。

 

今回のフィールドテストは、BBCのニューカッスル試合ハイライト番組を請け負うSIS LIVEの3G対応、大型中継車OB14を併用し、中継と4K、そしてマルチカメラのワークフローを並行して行った。 

会場には、フジノン製75mm-400mmレンズを装着した、ソニー製CineAltaカメラ”F65”を設置し、256GBフラッシュメモリカードで内部収録をした。 

 

 

ハイスピードカメラ収録システムを開発する米PsiTech社も今回のフィールドテストに参加し、F65専用の収録サーバの役割でオペレーションを行った。 中継車に搭載した、PsiTech社製Vortexシステムで、F65の4K映像から任意の部分を切り出してHDプレイアウトとして使う。  

F65の収録データは、テレキャスト(720p)に比べ9倍も高解像度なため、 映像の一部を切り出してHDとして使用できる。 つまり1台の4Kカメラソースでも、HDのマルチアングルソースとして活用できるわけだ。 よってVTオペレーションとプロダクションサイドは、シーンの位置を移動させながらリプレイすることができる。

 

この手法は昨年、Fox SportsがNFLやNASCAR中継にてF65とVortexを用いた、4K映像から必要部分を「切り取る」スーパーズーム技術を利用したと思われる。 

 

SIS LIVEは昨年のロンドンオリンピックで、NHKと英BBCが実施した試験的8K映像伝送においても、専用中継車とオーディオシステムの組み上げなどの技術支援を行っている。

 

公式発表はされていないが、BBCでは今年のウィンブルドン選手権にて4K中継を実施する計画が進められているという。 BBCがスポーツイベント中継放送でよく発注する先がSIS LIVEだ。 今回のフィールドテストは、ウィンブルドンの予行とみなしても過言ではない。

 

 

ProNews掲載記事

 

<関連記事>Fox Sportsのスーパーズームにソニー4K CineAltaカメラを起用

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP