FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Sony ships 4K content with new 4K BRAVIA

11月27日

 

ソニーの新4Kブラビア、ボーナスに4Kネイティブのハリウッド映画作品が同梱

 

sony4KBRAVIA

 

 

 

9月に開催されたIFAにて、ソニー社から世界に先行して発表された、84V型4K対応液晶テレビ「ブラビア」(モデル:XBR-84X900(米国)/ KD-84X9000(日本))は、先行予約分がそろそろ出荷の時期となった。 

ソニーが謳う「the world's first 4K Ultra HD delivery solution」を担い、4K ブラビアには4K画質のハリウッド映画が同梱されてくるという。 これは公式ブログで説明されている。

 

ソニーでは、4Kホームシアター向けに、4Kブラビアを始め、4KプロジェクターVPL-VW1000ES、そしてブルーレイディスクプレイヤーBDP-S790を揃えている。 

プロダクション側向けにも、業務用の4Kカメラや、エンターテイメント向けに4Kデジタルシネマ上映ソリューションを提供している。  

加えてソニーは、ソニーピクチャーズエンターテイメントという自身の制作プロダクションスタジオと配給システムを持ち、『モンスター・ホテル(Hotel Transylvania)』 や『LOOPER/ルーパー』、『スカイフォール』といった最新の映画作品は4Kで制作されている。 またソニーの4Kデジタルシネマプロジェクションシステムを導入している映画館ならば、4Kクオリティのコンテンツがあれば上映することも可能となっている。 ソニーは他社メーカーにはない、有利な4Kエコシステムを整えつつあるといえる。 同社によると、同社製の4Kデジタルプロジェクターの設置数は10500台。 大手 Regal や AMCなどに導入され、米国市場で35%のシェアを持つ。 また、米国映画館にある30000スクリーンは既に4Kデジタルシネマを完備しているという。 

 

事実、LGの4K ウルトラHD TV「84LM9600」は定価19,999ドルと、ソニー製と比較して5000ドルほど低価格で市場に投入している。  サムスンでは85インチクラスを、そして中国メーカー Hisenseから 「XT880」など、2013年のCESでは各社メーカーから4KウルトラHD TVが揃って披露される予定だ。 

 

こういった市場競合を踏まえ、ソニーとしては、差分の価値をアプローチするためにも、また、市場にネイティブな4Kコンテンツが少ないことから、本物の4Kクオリティをユーザーに体感してもらうためにも、4Kブラビアにソニーピクチャーズエンターテイメントが制作した4Kのハリウッド映画作品を同梱して差別化を図る。

 

4Kプロダクションとしては、3net StudiosのほかにもBBCやBSkyBが試験的に放送収録を始めている。 米国ではFoxスポーツがNFL試合の中継にて、ソニー社製4Kカメラ「CineAlta F65」を現場で用いてインスタント・リプレイを行っている。

 

 

ProNews掲載記事

 

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP