FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Sony Next Gen 4K Cine Cameras Debut

10月31日

 

ソニーから次世代4K CineAlta新登場。キャノンEOS C500、RED EPICの対抗機種

 

SomyHQ_Lobby

 

 

米ソニー・エレクトロニクス は10月30日(現地時間)、4K対応の次世代シネマカメラ 『PMW-F5』 と『PMW-F55 』を発表した。 昨年発売されたデジタルシネマカムコーダー PMW-F3 の後継機に PMW-F5、そして PMW-F55はその上位系に位置づけられるようだ。

 

PMW-F5は、ネイティブに2Kまで対応(4K収録には、オプションのRAW ポータブルレコーダーが必要)。 対して上位機種のPMW-F55 は、グローバルシャッターやワイドレンジのカラーガンマ、ネイティブに4Kまで対応する。

 

PMW_F5-F55

 

 

両機種とも、最新の4096 x 2160 スーパー35mm サイズCMOSイメージセンサー( 総画素数11.6M ピクセル)を実装し、最新コーデックのXAVC MPEG-4 AVC/H.264をはじめ、SRMASTERフォーマット(1920×1080 、MPEG4 SStP)、XDCAM 50Mbps 4:2:2 といったマルチコーデックに対応する。 2基のSxS PRO+スロットを実装しており、パラレルでマルチコーデック記録ができるという。

 

また、同リリースするAXS-R5 RAW ポータブルレコーダーを本体にドッカブル接続すれば、内部記録と同時にRawファイルとして記録できるほか、PMW- F55であれば240コマ/秒まで、またPMW- F5であれば120コマ/秒までのスロー映像の記録が可能となる。

 

Sony-RAW-Recorder

AXS-R5 RAW ポータブルレコーダー

 

本体と共に新しい6本セットの T.2.0単焦点PLレンズも揃う。 レンジは20/25/35/50/85/135 mmだ。 ソニーPLマウントを採用しており、Angénieux、ARRI、 Canon、Carl Zeiss、Cooke、FUJIFILM や Leicaレンズに対応できるほか、FZマウントを装着してスチルカメラレンズ(Canon® EF、Canon FD、Nikon® DX、Nikon G、Leica® M 、2/3インチ B4)も実装可能となる。 またFZマウントでソニー製のオートフォーカス・サーボズームレンズ(SCL-Z18X140)も実装できる。 

 

 

さらに、OLED/ LCDビューファインダーや、PCやMacとダイレクトに接続できる、2k/4k Rawファイルを記録する新AXSMアクセスメモリシステム(メモリーカードは512GB)を発表している。 OLED/ LCDビューファインダーは有機ELであるDVF-EL100 OLED(1280 x 720)、LCDにDVF-L350(3.5インチ:1920 x 1080)があり、リグに装着せずに使える。 

 

Sony-DVF-EL100-viewfinder

Sony-DVF-EL100-viewfinder

 

PMW-F5 とPMW-F55の出荷時期は2013年2月を予定、価格は正式には発表されていないが、PMW-F5本体で22,000〜25,000ドル、ポータブルレコーダーが19,000ドル程度とされている。 また日本での発売についてもまだ発表されていない。

 

価格帯といえば、Red Digital Cinemaの創立者であるジム・ジャナード氏が先週、製造ラインでのコスト削減が可能なことを理由にEPICカメラの価格を下げることをブログで示唆している。  またキャノンでも今月下旬から 4KシネマカメラEOS C500シリーズを順次発売するとしている。 価格はオープンだが、230万円前後での販売が予想されている。

 

 

ProNews投稿記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP