FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

SoftBank To Launch SmartTV STB for Mobile Users

10月9日

 

ソフトバンクモバイルも。 

AppleTVのスマホユーザー向け版、スティック型スマートTVサービスを年内に開始。

 

 

 

ソフトバンクモバイル株式会社は、専用スティックを自宅のテレビに接続するだけで、新作映画など約40,000本の映像作品や、専門チャンネルなどがテレビで視聴できるサービス「SoftBank SmartTV」(スマテレ)を、12月中に開始する。

 

スマテレでは、映像配信サービス「TSUTAYA TV」の新作映画など約4万本の映像作品や、多チャンネルサービス「BBTV NEXT」の50以上の専門チャンネル、無料映像配信サービス「GyaO!」の2000本の映像作品など各種コンテンツをテレビの大画面で楽しめるようになる。

スマテレでは、専用のスティック型のセットトップボックスをテレビのHDMIに接続し、固定ブロードバンドのWiFi経由でストリーミングされる映像コンテンツ(最大画質1080i)をテレビにディスプレイできる。 ソフトバンクモバイルのスマートフォンにインストールした専用リモコンアプリでテレビ画面にあるメニューなどを操作する。 スティックは電力供給が必要で、テレビ側とUSBで繋ぐ必要がある。 このため、サービス視聴にはHDMI端子およびUSB端子が搭載されたテレビが必要だ。

 

スマテレの利用料金は月額490円を予定している。 TSUTAYA TVやBBTV NEXTの利用には別途料金がかかる。 TSUTAYA TV(提供元はTSUTAYA.com)では、新作映画など約4万本の中から好みの作品をレンタル視聴できる(1本100円から)。 コンテンツは、テレビで途中まで見た映像の続きを外出先でスマートフォンから視聴することもできるという。BBTV NEXT(提供元はTVバンク)は、アニメ、海外ドラマ、スポーツ、映画、ドキュメンタリーなど50以上の専門チャンネルの映像作品を、月額2625円で利用できる。 GyaO!(提供元はGyaO)は、最新の劇場映画の予告編や音楽クリップなど2000本の映像作品が無料で視聴できる(サービス開始時は300本程度)。

先週、幕張メッセで開催されたCEATEC 2012 では、KDDIがスティック型のセットトップボックス(SmartTV)を参考出展し、auユーザー向けに同等のサービスを展開することを明らかにしている。 サービス開始時期については決まってない。 KDDIではAndroid OSのアプリを要としており、iPhoneユーザーへのサービス提供については未定という。 またソフトバンク側は新しいサービスとなるが、KDDI側は、現行auユーザーに提供しているビデオパスなどのサービスを利用することもあり、既存サービスをTVスクリーンまで拡充する、という位置づけになる。 両社とも、AppleTVサービスを両社の電話サービス向けに展開するといったところだろうか。

 

 

ProNews投稿記事

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP