FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Apple at work on streaming music radio service

9月13日

 

Apple、ストリーミングラジオのサービスの準備か

 

Apple TV iTune

 

米ウォール・ストリート・ジャーナルやニューヨークタイムズなど米報道機関から、米Apple社が新たにストリーミングラジオを始める動きがあると報道されている

同社は現在、レーベル会社数社とコンテンツ著作権の交渉を行っているという。 同社が展開しようとしているサービスは、SpotifyやPandora Mediaのサービスと似ているもののようだ。 

米国では、ブロードバンド接続のある家庭の42%がインターネットラジオを利用しているというように、音楽を一曲ずつ購入するiTunesストアのモデルから、通常のラジオのように流れてくる曲を楽しむものに人気が移行してきている。

 

Appleは現在、iPodでFMラジオサービスを行っており、iPhone、iPadといったほかのiデバイスでは、インターネットラジオチャンネルやユーザー定義に基づいてカスタマイズされた音楽ストリームを配信できるアプリなどを提供している。Apple TVを持っていれば、iTune経由でラジオを聴くことはできる。

今回話題に上がっているサービスは、iOSモバイルデバイスやMacデスクトップのほか、WindowsベースのPCまで、マルチプラットフォームに対応する予定。 しかし情報ソース曰く、Android OSベースのデバイスは対応外だという。  

どのようなアルゴリズムを利用するかは分からないが、ユーザーの好みのアーティストや曲名やジャンルを探し出して提供するシステムが組まれるという。 たとえばインターネットラジオ市場全体の収益の80%を占めるPandraは音楽ゲノムプロジェクトという研究が基礎になっており、ユーザーの好みの音楽に似た曲を探してくる機能を備えている。

 

SpotifyやPandraに似て、Appleの新サービスはiAd(モバイルadプラットフォーム)経由で広告挿入を展開する予定ではいるが、先行会社のサービスのように無料広告サービスや、またユーザー側で広告配信を止めるオプション機能は予定していないようだ。 また広告収入をレーベル会社とシェアするか否かも明らかではない。 報道では、Appleのレーベル会社への交渉もまだ始まったばかりという。 

 

アナリストの間では、「Pandraはインターネットラジオ事業で大成功を収めている。また市場には、Spotify、iHeartRadioや Last.fmも存在するが、加えて新しいサービスのニーズがあるかは疑問」だという。

 

 

ProNews投稿記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP